hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

"一朝"限りの「夢の朝食」をつくった安里シェフとの再会

f:id:chifumimurase:20190613163242j:plain

むかし、むかし、「キャピトル東急ホテル」というホテルがありました。

いまの「ザ・キャピトルホテル東急」の建て替え前の前身ホテルです。

f:id:chifumimurase:20190613163407g:plain

そこには「ケヤキグリル」というメインダイニングがあり、料理はもちろんのこと、ゲストに食事の時間をとことん楽しんでもらおうというサービス精神に富んだ"ケヤキ流" サービスは、世界各国から訪れるVIPたちにも愛されていました。

f:id:chifumimurase:20190613165904j:plain
通常はランチとディナーしか営業していませんでしたが、

ケヤキがホテルジャンキーのために作る朝食をぜひ食べてみたい!」

とわたしたちホテルジャンキーは熱望しました。

f:id:chifumimurase:20190613164736j:plain

その期待に応えてくださり実現したのが、2005年3月12日の "一朝" 限りのスペシャル・ブレックファストでした。

ホテルの朝食とはこうあってほしい!とホテルジャンキーが願うことが、これでもかと現実になった、まさに夢のような朝食で、

f:id:chifumimurase:20190613164820j:plain

メインはシェフの特製「エッグベネディクト トリュフ風味のオランデーズソース ホワイトアスパラガス添え」

f:id:chifumimurase:20190613164905j:plain

その他はビュッフェ形式で「フルーツトマトとモッツァレラチーズのサラダ グリーンアスパラガス ヴィネグレットソース」春野菜、

f:id:chifumimurase:20190613165112j:plain

「人参のポタージュスープ」、「自家製コンフィチュール(ジャム)」2種類、

f:id:chifumimurase:20190613165018j:plain

焼きたての「クロワッサン・蕎麦粉のカンパーニュ等」3〜4種類、

f:id:chifumimurase:20190613165306p:plain

フレッシュジュース「苺の香草風味・日向夏の蜂蜜入り」の2種類、その他、「ハッシュドポテト コーンとセロリが入ったガレット風」など。実はメニュー表に書いてなかったものもたくさん並んでいて、それはそれは壮観でした。

f:id:chifumimurase:20190614111156p:plain

ホテルジャンキーズクラブのメンバーたちは歓声をあげながらこの「ケヤキの朝食」を楽しんだものです。

今春で創立22年目のホテルジャンキーズクラブの朝食会のなかでもひときわ強く印象に残る朝食でした。

f:id:chifumimurase:20190613165406j:plain

この「夢の朝食」を共に考え、作ってくださったのが、「ケヤキグリル」のシェフだった安里優治さんです(14年前、朝食会で料理説明をする安里さん)。

f:id:chifumimurase:20190613170913p:plain

この安里さんに、先日、取材で、久しぶりに再会しました! 

一瞬のうちに、あの時の朝食の「時間」がよみがえり、なんだか戦友に再会したようで、とてもうれしかったです。

この朝食会に参加したクラブの古くからのメンバーSさんが探して送ってくれたのが、上記の写真です。Sさん、ありがとう!

イラン訪問で安倍首相がお泊まりのホテル

f:id:chifumimurase:20190613081514p:plain

イランの首都テヘランを訪問中の安倍首相。

さて、お泊まりのホテルは

f:id:chifumimurase:20190613081548p:plain

同国きっての最高級グレイドのホテル「エスピナス・パレス・ホテル」

2016年に開業したまだ新しいホテルです。

f:id:chifumimurase:20190613082851p:plain

安倍首相がお泊まりの部屋は、

f:id:chifumimurase:20190613081811p:plain

こんなバスルームが楽しそうな最上階の「スカイ・ゲート」250平米か

f:id:chifumimurase:20190613081847p:plain

オーソドックスにラグジュラリーな「プレジデンシャル・パレス・スイート」220平米。

さて、どちらでしょうか?

 

本題とはまったく関係ありませんが、イランというとわたしが思い出すのはこの人

   ↓

chifumimurase.hateblo.jp

"豚の丸焼きが食べたい"がきっかけの「@香港の会」キックオフ!

f:id:chifumimurase:20190609162027p:plainきょうは「グランドハイアット東京」の「チャイナルーム」で飲茶ランチ。f:id:chifumimurase:20190609162450p:plain
ホテルジャンキーズクラブ名物の現地集合の会「@会」を「香港の会」主催で開催予定で、きょうはキックオフミーティング。

前回は "黄油蟹を食べる" ということがきっかけで目的の「@香港の会」でしたが

chifumimurase.hateblo.jp今回は " 豚の丸焼きを食べる "がそもそものきっかけ。

f:id:chifumimurase:20190609162638p:plain

香港在住メンバーのNさんも参加し、香港の食、ホテルなどさまざなディープな情報が飛び交い「場」そのものがすっかり香港化。

f:id:chifumimurase:20190609162707p:plain

次から次へと出てくるお料理が、恐ろしいくらいどんどん空になっていくスピード感も香港チック。

さぁて、本番の「@香港の会」はどうなるでしょうか?

 

 

 

「朋有り遠方より来たる、亦た楽しからずや」のランチに選んだホテルのレストラン

f:id:chifumimurase:20190608111549p:plain

ホテル愛好家の集まり「ホテルジャンキーズクラブ」も今春で創立22年になりましたが、創立来のメンバーのXさんが九州から上京、奥様と一緒のランチにお誘いいただきました。

f:id:chifumimurase:20190608120327p:plain

20年以上前から日本人がほとんど行かないような海外の知る人ぞ知るリゾートを訪れたり、Xさんこだわりのホテル選びをうかがうのはわたしの楽しみのひとつです。

愛妻孝行のために海外旅行に行かれるときの、その練りに練った緻密な旅行計画にも驚かされます。

f:id:chifumimurase:20190608120438p:plain
美術館や博物館巡り、観劇などに加えて、いま評判のミシュランの星付きレストランで食事を楽しみ、ホテルジャンキーとして選びに選び抜いたホテルの選び抜いた部屋でのホテルライフもしっかり堪能。

f:id:chifumimurase:20190608120552p:plain
そんなXさんが "視聴者"(わたしのみ)のために海外の旅先から " 実況中継 "してくださるメールをわたしはとても楽しみにしています。

f:id:chifumimurase:20190608120712p:plain
ホテルの部屋からの眺めの写真、いまにも湯気が出そうなホットな街の印象、ホテルやレストランでスタッフとこんなやりとりをした、などなど、わたしもすっかりXさんご夫妻と一緒に旅している気分になります。

f:id:chifumimurase:20190608121602p:plain
こんな素晴らしい情報と楽しさをわたしだけが独占するのはつねづねもったいないなぁと思っています。

f:id:chifumimurase:20190608121507p:plain
Xさん、そろそろほかのホテルジャンキー仲間にも発信してくださるとうれしいです!

f:id:chifumimurase:20190608121629p:plain

Xさんはたいへんなグルメでお料理やワインにもお詳しいのですが

f:id:chifumimurase:20190608121756p:plain

この日、Xさんがお酒の飲めないわたしのために注文してくださったロイヤル・ブルー・ティーのクイーン・オブ・ブルー・デラックス。和食にもぴったりでとても美味しくいただきました。

f:id:chifumimurase:20190608120019j:plain

この日のレストラン選びをまかされたわたしが「朋有り遠方より来たる、亦た楽しからずや」のランチに選んだのは「ザ・キャピトルホテル東急」の日本料理「水蓮」。

店内でBFMに流れていると思っていたお琴の音色は、なんと、ロビーでお琴奏者がライブ演奏していたものでした!

 

 

パワーブレックファストは野菜いっぱいでからだにいいことしてる気分

f:id:chifumimurase:20190606183957p:plain

野菜いっぱいの朝食ではじまる朝はからだにいいことしている気分。

f:id:chifumimurase:20190606184743p:plain

たくさんの種類のキノコと一緒にしゃぶしゃぶにして食べます。欧米人のゲストはオリーブオイルをさっとかけて食べていましたが、なるほど、温野菜サラダですね。

f:id:chifumimurase:20190606185904p:plain

今朝は東京駅八重洲口を見下ろしながらパワーブレックファスト。

ちょうどビルの合間に新幹線や在来線が見えるこちらのカウンター席が"鉄っちゃん"にはおすすめです。

f:id:chifumimurase:20190606190956p:plain

丸鶏を12時間炊いた「丸鶏スープ」(美味しい!)でさらにパワーアップ。

まさに"真っ当な和朝食"が食べられるビュッフェで

f:id:chifumimurase:20190606191156p:plain

お刺身、とろろにざる豆腐、3種類の生卵

f:id:chifumimurase:20190606191226p:plain

洋食メニューも充実。揚げたてのコロッケも。

フレンチトーストはバゲット、クロワッサンなど3種類のパンで人気メニュー。焼きたてが出ると「焼きたて出ました!」と声がかかります」。

f:id:chifumimurase:20190606191342p:plain

うーん、とても一度では食べきれません。ビュッフェ朝食2500円。

東京駅から歩いて3分というこちらのホテルは

f:id:chifumimurase:20190606190143p:plain

1899年開業の「ホテル龍名館東京」です。

f:id:chifumimurase:20190606190859p:plain

" モダン旅館"をコンセプトに6月4日に一部客室をリニューアルオープン。

f:id:chifumimurase:20190606190912p:plain

昨夜わたしが泊まった部屋は「TATAMI ROOM 」。ベッドの奥が畳スペースになっています。

f:id:chifumimurase:20190606192210p:plain

15階のロビーラウンジでは

f:id:chifumimurase:20190606192245p:plain

お茶といえば「龍名館」だけにこだわりのティーサービス(無料)。

レモングラスの香りがする緑茶「龍名館ブレンド」、これからの暑い季節の飲み物にぴったりでした。

 

 

 

 

 

「日本一のホテル」のクラブラウンジをめざすホテリエたち

f:id:chifumimurase:20190604090953j:plain
きのうは昼前から10時間あまり、「ザ・キャピトルホテル東急」27階にある「The Capitol Lounge SaRyoh」で過ごしました。

f:id:chifumimurase:20190604083111j:plain

国会議事堂の向こうの空には東京スカイツリーもくっきりみえる絶景ポイントです。

f:id:chifumimurase:20190604085724j:plain

昨年10月にリニューアルオープンしましたが、きのうはリニューアルに関わったさまざまな職種のスタッフの皆さん方にインタビュー取材。

f:id:chifumimurase:20190604085800j:plain

それぞれの方が末吉GM(総支配人)の「ほかにはない最高のものを」という指示のもと、必死に考え、駆け回った体験と「日本一のホテル」への熱い思いを語ってくださいましたが、ものすごいエネルギーの渦が、いま、ここにあることを感じました。

f:id:chifumimurase:20190604090123j:plain

夜のカクテルタイムのお料理は6月1日から一新しました。

 

*この取材の結果は6月25日発行の次号「ホテルジャンキーズ」に掲載しますので、どうぞお楽しみに!