hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

元女子にもどった「札幌全日空ホテル」の夜

f:id:chifumimurase:20170918184041p:plain

 ”嵐を呼ぶオンナ”の異名をもつわたしだけに、台風が日本列島を通過するなか、みなさんに心配されましたが、台風北上中のわずかな間隙をぬって、無事、帰京しました。

さて、今回の札幌旅行では、久しぶりに中学校のクラス会に参加した。

会場は「札幌全日空ホテル」。1974年開業の全日空ホテルの第一号ホテルで、いわゆる同窓会でよく使われるホテルである。

ホテルに着き、ロビーですれちがったかなり太めのオッサンに会釈されたのだが、知らない人だったのでさらりと無視。あとで「ご、ごめんっ!あんまりにも変わってたからぁ」と謝罪し、さらに墓穴を掘るハメになった。

f:id:chifumimurase:20170918155134j:plain

お世話になったM先生も髪の毛は真っ白になったがお元気だった。

出かける前に母が「そういえばM先生ね、札幌オリンピックのとき、アンタが選手村に入り浸ってるんで相談したら『お母さん、ほっときましょう』って」とチクっていたが、いまだにお正月には教え子たちが家に押しかけている。

 

久しぶりに再会した元クラスメートたちの開口一番の言葉っていうのが、なかなかおもしろかった。

「ムラセの隣の席のとき、先生に当てられてわからないといつもそっと教えてくれてさぁ」

へぇ〜、わたしってけっこうやさしい人だったんだ。

「ムーちゃん家に行ったとき、お母さんが作ってくれたキャラメル、すっごく美味しかったぁ!」「ムラセのお母さんが作ってくれたキャラメル、今でもこれまで生きてきたなかで一番美味しかったよ!」と2名。

わたしのことよりも何よりも、母の手作りキャラメルがまず頭に浮かぶらしい。食べ物の記憶というのはすごいものだと思った。

食べ物といえば、わたしがお弁当の内容(トンカツ)を覚えていた元男子は、「へぇ〜、ウチの母さん、そんな弁当つくってくれたことがあったんだ…」と遠い目。

その日のことはよく覚えている。いつもはパンを買っていた彼が、「今朝、起きたらさ、母さん、会社休みだからって、弁当作ってくれてたんだ。コレさ、朝からちゃんと麦粉つけて、油で揚げてくれたんだよ!」と目を輝かせてうれしそうにトンカツを見せてくれた彼のお弁当にはわたしも手が出せなかった(って、実はわたし、隣席の男子のお弁当のおかずをよく奪ってました、ごめん・・・)。

不思議なことに、わたしがお弁当のおかずを取り上げた男子たちにそのことを話しても、みんな覚えていない。いや、覚えていないフリをしてくれてるのかも。

M先生に「そこのふたり、チョロチョロしないっ!」といつも一緒に叱られていた相方のN君は、あいかわらずチョロチョロしてたが、きっとわたしも「あいかわらずチョロチョロしてるなぁ」とみんなに思われてたにちがいない。

f:id:chifumimurase:20170918162434j:plain

三次会まで参加し、深夜ホテルにもどると「札幌の女の人って、夜、なかなか帰らないでしょ」と母。

たしかにそうだった、札幌ってとこは。

 

 

 

84才の母との「母娘旅行」のホテル選び@札幌

f:id:chifumimurase:20170918112200j:plain

84才の母との札幌旅行にあたり

ホテルをどこにするか、いろいろ、いろいろ、考えた。

母にとっては2年前まで生涯のほとんどを過ごした土地。

そして、なにしろ文句が多い・・・もとい、率直な意見が多い。

熟考のすえ選んだのは、地元きっての老舗ホテル「札幌グランドホテル」。

f:id:chifumimurase:20170918112714j:plain

今ではアップルパイが名物だそうで、ビュッフェ朝食でも出ていたが、和食レストランの和朝食にもデザートにアップルパイがついてた。

f:id:chifumimurase:20170918113046j:plain

しかーし、北海道といえば観光客がおおいに期待するであろう焼き魚が、銀鮭だった。

地元民にとってはもっとも格下のサケで、サケが好物だった亡き父などは食べなかったしろもの。

母からはさっそくひと言、「なーんだ銀鮭かぁ。安く売ってるのだねぇ」。

ハイ、すみません。

 

その昔、札幌で中華といえばグランドホテルが有名だったのでランチに行ってみた。

f:id:chifumimurase:20170918114137j:plain

「あ、今の人(ウェイトレス)、お茶注ぐとき、ちゃんと位置変えて(右から)注いでたね」

と母が気づいたように、しっかりしたサービスがスタッフ全員に徹底。とても気持ちよく食事ができた。

 

なによりもこのホテルにしてよかったのはロケーションの良さだ。

一番上の写真の北海道庁までは徒歩1分。

下の時計台までも5分ほど。

f:id:chifumimurase:20170918120759j:plain

札幌駅とはこんな広々とした地下歩道でつながっている。

f:id:chifumimurase:20170918114953j:plain

朝、緑が多い北海道庁のあたりを散歩したあと、赤レンガテラスの地下のカフェで、出勤する人たちを眺めながら朝食したり、なんていうことも気軽にできた。

f:id:chifumimurase:20170918114918j:plain

コーンスープ付きのモーニングセット580円。

f:id:chifumimurase:20170918115319j:plain

朝食のあとは母が大好きな「雑踏」に頭からつっこんで出勤ラッシュの札幌駅へ。

母のアイヌ刺繍の先生の遺作が駅のコンコースに飾られているのをチェック。ガラスにホコリがついてるので、掃除してください、関係者の方。

f:id:chifumimurase:20170918115709j:plain

そして、館内にはロビーをはじめパブリックスペースには常に十分なスタッフが配されており、母を置いて外出するときにも安心だった。

f:id:chifumimurase:20170918121153j:plain

 ピープルウォッチング好きの母はエレベーターホールの椅子に座って観察を楽しんでいたらしい。変なおばあさんにじぃーっと見られたみなさん、ごめんなさい。

f:id:chifumimurase:20170918121317j:plain

そんなわけで、ホテルのおかげで84才の母連れ旅行が安心して楽しめた。

 

ホテル選び、特にうるさい母親との「母娘旅行」にとってはとても大切です。

 

 

 

 

 

友あり。なので 海渡って 来ちゃいました!

f:id:chifumimurase:20170916135809j:plain

きのうは小樽へ。

こんな海の幸たっぷりのパスタを食べるため・・・ではありません。

ホテリエを引退して、東京から小樽に移住された年上の友人(勝手に友人認定してます)を訪ねるため。

f:id:chifumimurase:20170916140424j:plain

「太田さぁ〜ん!」

小樽駅で待っててくださったのは

今はなき旧「キャピトル東急ホテル」の最後のGM(総支配人)で

名古屋マリオットアソシアホテル」のGMを最後に先日ホテリエ引退された

太田範義さん。

chifumimurase.hateblo.jp

わたしたちホテルジャンキーにとっては大切なご意見番でもあります。

いつも LINE でやりとりしているので

あまり久しぶり感はありませんが

やはりこうしてお会いするのはうれしいものです。

ランチに連れて行っていただいたのは

「otaru dining  NO NAME」

f:id:chifumimurase:20170916141852j:plain

ホテリエとして料飲畑が長かった太田さんが気にいっているお店。

太田さんによると、小樽はお蕎麦屋さんとイタリアンのいいお店が多いそうできょうも楽しみです。

f:id:chifumimurase:20170916142132j:plain

サラダの写真を撮ろうとしたら、太田さんがさっとサンペレグリノのボトルを横にセットしてくださいました。

f:id:chifumimurase:20170916142336j:plain

そして、コレが美味しかった

ゴルゴンゾーラチーズとリンゴのピッツァ。

f:id:chifumimurase:20170916142621j:plain

友を訪ね、美味しいものを食べながら、友と語り合う時間。

f:id:chifumimurase:20170916143133j:plain

 ほんとうに楽しかったぁ。

太田さん、ありがとうございました!

 

で、その後は、やはり「朋あり」で札幌の書道仲間たちと積丹半島をドライブ中の母に合流、祝津の鰊御殿 旧青山別邸を訪ねたり、愉快な時間を共にした。

f:id:chifumimurase:20170916144436j:plain

鰊御殿とはニシン漁で栄えた頃、海を見おろす絶好の眺めの最高のロケーションに贅を尽くして建てられたお屋敷。

なので、ホテルにリモデリングするにはまさにうってつけ。

もったいないなぁ(と勝手に思う、ホテルジャンキーなり)。

 

 

 

 

 

札幌「meli melo」の1万円シェフおまかせコース、そして”触感”の問題

↓ 一つ前の記事で書いた

chifumimurase.hateblo.jp

札幌「meli melo」の1万円シェフおまかせコースの内容は、次のとおりです。

まず、アミューズから

f:id:chifumimurase:20170915203213j:plain

フルーツトマト

f:id:chifumimurase:20170915203235j:plain

ホタテのソテー

f:id:chifumimurase:20170915203422j:plain

一つ前のブログ記事で書いた「コーンが主役」の料理

f:id:chifumimurase:20170915203444j:plain

リードヴォー

f:id:chifumimurase:20170915203502j:plain

アマダイのソテー

f:id:chifumimurase:20170915203519j:plain

目抜けのブイヤベース仕立て

f:id:chifumimurase:20170915203538j:plain

鴨のロースト

f:id:chifumimurase:20170915203601j:plain

青紫蘇のシャーベット

f:id:chifumimurase:20170915203626j:plain

シャインマスカット&フロマージュブラン

f:id:chifumimurase:20170915203757j:plain

f:id:chifumimurase:20170915203827j:plain

 アミューズ、料理7皿、デザート3皿、

完食しました。

が、

惜しむらくはナプキンが布製でない不織布のものだったこと。

コレが手や口に触れる”触感”がわたしはすごくいやだった。

これだけ料理の食感や触感にこだわるのならば

ナプキンが手や口に触れる触感にも気を配って欲しいと思う。

「主役」をひきたてる脇役たちの奔放な活躍

f:id:chifumimurase:20170915093525j:plain

この一見するとなんだかよくわからない料理。

主役はスイートコーン、なのだが、

上にのっている灰色のものはトリュフのアイスクリームで

その上の黒い粉はいろいろな野菜をローストしたもの。

中にはカシューナッツが入っていたり、

スパイスが使われていたり

もう覚えきれないほどいろいろな要素が取りこまれ

食感・触感・味覚・臭覚の交響曲といったところ。

それぞれ自由奔放に活躍している。

だが、やはり主役はスイートコーン、

だと食べ終わった後に思う料理だ。

 

この料理を作ったのは佐藤大典シェフ。 

f:id:chifumimurase:20170915095010j:plain

昨晩、シェフのお隣で微笑んでいる 阿久津友紀さん ↑

に連れていっていただいた札幌の「meli melo」という

ミシュラン一ツ星のレストランのオーナーシェフです。

 

阿久津さんは札幌のテレビ局にお勤めで

ホテルジャンキーズクラブの古くからの会員のおひとり。

世界各地のホテルスパを自腹を切って、文字どおり体を張って体験し続けている

筋金入りのエステ&スパフリーク。

小誌「ホテルジャンキーズ」でもコラム「阿久津友紀の ホテルのエステ&スパ」を好評連載中です。

グルメジャンキーでもあり、食べ歩きもワールドワイド。

f:id:chifumimurase:20170915213630j:plain

そんな阿久津さんと臨時「@札幌の会」を開催。

ご興味ある方のため昨晩食べた1万円のコースは後ほど別途アップしておきますね。

f:id:chifumimurase:20170915101023j:plain

あ、そうそう、わたしはただいま札幌滞在中。

グランドホテルに泊まっています。

f:id:chifumimurase:20170915101108j:plain

今朝、朝食中にミサイルが頭上を通過して行ったようです。