hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

安倍首相がマドリッドで泊まったホテル

f:id:chifumimurase:20181018125358p:plain

ただいま訪欧中の安倍首相、昨夜、マドリッドでお泊まりのホテルは

f:id:chifumimurase:20181018125540p:plain

ウェスティン・パレス・マドリッド

1912年創業で、当時のスペイン国王アルフォンソ13世の勅命で作られたというロイヤル印のホテル。

f:id:chifumimurase:20181018125809p:plain

 このステンドグラスの「ラ・クーポラ・ホール」が

" このホテルのコレ!"として知られていますが

f:id:chifumimurase:20181018125912p:plain

こんなのとか

f:id:chifumimurase:20181018125934p:plain

こんなホテルシーンは現代のホテル建築ではもうなかなか作れるものではありません。

パリの「リッツ」をはじめ名門高級ホテル好きで知られる作家ヘミングウェイマドリッドで愛したホテルでもあります。

f:id:chifumimurase:20181018130314p:plain

館内には「グリーン・ティー・スシバー Green T Sushi Bar」もありますので、安倍首相も晩餐会の後のお夜食にお寿司のルームサービスなんかも頼めます。

お泊まりになった部屋はおそらく

f:id:chifumimurase:20181018130529p:plain

「ロイヤルスイート」160平米。

f:id:chifumimurase:20181018130623p:plain

広々とした書斎も

f:id:chifumimurase:20181018130642p:plain

眺めのいいダイニングルームもついているけれど

f:id:chifumimurase:20181018130714p:plain

晩餐会で遅くもどり、翌日はすぐフランスへ移動というスケジュールですから、いちばん滞在時間が長かったのはベッドルームでしょうね。

あと2カ国歴訪、がんばってください。

 

 

*「ウェスティン・パレス・マドリッド」の写真は、同ホテルの公式サイトよりお借りしました。

秋の出会いの舞台は「グランドハイアット東京」の「オーク ドア」

f:id:chifumimurase:20181016200523p:plain

ずっとメールを通してやりとりしていた方たちと先日初めてお会いしました。

メールの文面から「こんな方かなぁ…」と勝手に想像していた人物像とはまるでちがい、リアルの世界で顔を合わせることの大切さをあらためて感じました。 

f:id:chifumimurase:20181016200641p:plain

デザートはさら〜りサクサクと美味しい「オーク ドア パブロバ」。

とてもとても楽しい食事会でした。

ホテルにも再訪したいホテルがあるように、またお会いしたいと心から思う方たちと出会えるって幸せです。 

f:id:chifumimurase:20181016200723j:plain

そんな秋の出会いの舞台は「グランドハイアット東京」のステーキハウス「オーク ドア」。今年の3月にリニューアルし、トニー・チー Tony Chi の世界に生まれ変わりました。

ちなみにトニー・チーは

f:id:chifumimurase:20181017154317p:plain

「アンダーズ東京」

f:id:chifumimurase:20181017154335p:plain

パークハイアット上海」

f:id:chifumimurase:20181017154355p:plain

「ローズウッド・ロンドン」などを手がけた、ホテルジャンキーにも人気が高いデザイナーのひとりです。

今回のリニューアルのテーマは「ノスタルジー」で

f:id:chifumimurase:20181017155020j:plain

壁にかけられたモノクロのミラーフレームは、過去に雑誌などで紹介されたこちらのレストランの紹介記事というのがちょっと洒落てますね。

f:id:chifumimurase:20181016200709p:plain

あ、そうそう、ホームメイドのパン、美味しかったです!

(両端食べてしまってますけど)。
  

*「オーク ドア」の写真は「グランドハイアット東京」のプレスリリースより、「アンダーズ東京」「パークハイアット上海」「ローズウッド・ロンドン」の写真は各ホテルの公式サイトよりお借りしました。

そして、日曜の午後のデートは表参道で

f:id:chifumimurase:20181015215925p:plain

シブヤの「渋谷ストリーム エクセルホテル東急」のアメリカン的世界から一転、

ヨーロッパの香り漂う表参道へ。

日曜の午後の部のデートのお相手は

f:id:chifumimurase:20181015220227p:plain

フォトコンチェルトさん。なので、デートの舞台はシックに「アルマーニ・カフェ」にしました。あ、うしろのけしからぬ手は写真です。

f:id:chifumimurase:20181015220547p:plain

ロマネ・コンティ周辺の地図を見ながら、楽しいホテルジャンキーズ・トーク

f:id:chifumimurase:20181015220719p:plain

こちらにはとてもリーズナブルなサンドウィッチ・ランチのセットがあります。

f:id:chifumimurase:20181015221348p:plain

こんなおしゃれなデザートと飲み物がついて2090円(税サ込)。

f:id:chifumimurase:20181015221650p:plain

カプチーノ 1,045円にもチョコレートとプチケーキがついてきます。

 

ひとりでも、ふたりでも、しっくりくるカフェです。

 

「渋谷ストリーム エクセルホテル東急」ってどんなホテル? (3)〜 マイスタールーム編

f:id:chifumimurase:20181015201921j:plain

エレベーターの表示で気になったのが、「●●● MEISTER」。

ドイツ語の マイスター?

客室階のエレベーターを降りると目の前にこんな光景が。

f:id:chifumimurase:20181015202150p:plain

9階は「アクティブ マイスター」。フィットネスジムです。

f:id:chifumimurase:20181015202355p:plain

サイクルマシーン・マット・バランスボールがあります。

f:id:chifumimurase:20181015202407p:plain

10階は「シュー ケア マイスター」。靴磨き&修理屋さん。

f:id:chifumimurase:20181015202524p:plain

こんな椅子に座って靴を磨いてもらえます。宿泊客でなくても利用できるそうです。

(モデルは小泉秀夫さんです)

f:id:chifumimurase:20181015202633p:plain

11階は「スタイル ケ アマイスター」。ランドリールームです。

f:id:chifumimurase:20181015202746p:plain

コインランドリーで洗って、乾かして、アイロンかけて、全部自分でできます。

中央にふたつ並んだ細長いのは

f:id:chifumimurase:20181015203046p:plain

「LG Style」という、スチームの力で除菌・防臭・シワ取りを行うホームクリーニング機。韓国のLGの話題の新製品です。

f:id:chifumimurase:20181015203129p:plain

12階は「ドリンク マイスター」。自動販売機と製氷機があります。

コカコーラの長椅子がポップです。

f:id:chifumimurase:20181015203304p:plain

13階は「フード マイスター」。キッチン&ダイニング。

f:id:chifumimurase:20181015203509p:plain

こだわり系の方々に人気のメーカー「BALMUDA」のオーブンレンジ、スチームトースター、電気ケトル、炊飯器が自由に使え、ダイニングテーブルで食事もできます。

ちょっとしたコミュニケーション・スペースで、なんだか楽しそう!

というわけで、これまでの東急系ホテルの枠をはみでた「シブヤ」らしいホテルです。