hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

ベッカム家の今年のヴァカンス先は「アマン・スヴェティ・ステファン」

f:id:chifumimurase:20180815141828p:plain

いまや家族全員の動向が注目されるようになったベッカム家の今年のヴァカンス先は、

f:id:chifumimurase:20180815152032p:plain

モンテネグロのスヴェティ・ステファン島。

いままではベッカム家のヴァカンスといえばモルディブやタークス&カイコスあたりが多かったが、今年はちょっと渋い感じ。

f:id:chifumimurase:20180815152229p:plain

ベッカム家の自宅があるロンドンから最寄りのドブロヴニク空港まで約3時間弱。

一家の滞在先は「アマン・スヴェティ・ステファン」です。

ああ、辺境のロケーションが多いアマンのホテルか・・・と思われるかもしれませんが、そもそもこの島をリゾートにと目をつけ、開発したのは、アマンではありません。

f:id:chifumimurase:20180815153423j:plain

⬆︎アマン傘下になるずっと前の1988年当時。ひなびた感があって今よりいい感じ。

 

このスヴェティ・ステファン島、もともとは15世紀にアドリア海に出没する海賊の侵略を防ぐための要塞としてつくられた島で、その後、ひなびた漁村となっていたのを、旧ユーゴスラビア時代に「これはセレブ向けのリゾートとしてイケる!」と目をつけた慧眼の人がいました。

そして、リゾートといっても普通の島リゾートではなく、石造りの中世の街並みがそのまま残る街並みも建物もすべてそのまま生かそう!

本土と隔絶されアクセスが悪いのを逆手にとって「徹底したプライバシー」を売り物にした超高級リゾートにしちゃおう!

こうして1960年にオープンした元祖「スヴェティ・ステファン」は

f:id:chifumimurase:20180815160556j:plain

ソフィア・ローレンをはじめパパラッチから逃れたいセレブや政財界人たちの隠れ家として愛されました。

わたしが初めて訪れた1980年代末には、ホテルジャンキーたちの間でも知る人ぞ知る「隠れ家」で、徹底したプライバシーを求める人々が世界各地から訪れていました。

f:id:chifumimurase:20180815155523j:plain

当時、島の突端には、定価がないヴィラがひとつありました。

別に豪華でもなんでもないヴィラでしたが、そこを指定するゲストは特別でした。

「お客様のご希望により料金を決めさせていただきます」

どの程度のプライバシー度とセキュリティー、サービス内容を求めるのか、ゲストの要望に応じてオーダーメイドでサービスを提供します、というシステムです。

「誰とも一切口をききたくない、あいさつもいらない、話しかけないでくれ」というようなリクエストも。

 

アマン傘下になってからはすっかり普通のリゾートになったようですが、ベッカム一家のみなさんに感想を聞いてみたいものです。

日曜日は、ホテルオークラでエクレア食べて、パーティーに出て

f:id:chifumimurase:20180812204053j:plain

パーティーまでの時間、コーヒーを飲むつもりで入った「カメリア」で

気がついたらこうなっていた。

なぜ、こうなるのか。

エクレアがそこにあったから。

ハイ、エクレア大好きです。

f:id:chifumimurase:20180812204515j:plain

きょうはホテルジャンキーズクラブの宮坂さんのパーティーに参加。

f:id:chifumimurase:20180812204705j:plain

なんだかよくわからないが、ステーキ屋さんでひと月に40キロほど食べて、月間1位になったんだそうで、本人いわく「ゴルフでホールインワンをやったときのパーティーのようなもの」。

f:id:chifumimurase:20180812205018j:plain

こうしたホテルのパーティーに参加したときに、わたしがなにより楽しいのは、パーティーの裏方のスタッフたちのお仕事ぶりを見ること。

パーティーはオーケストラのように、さまざまな職種のスタッフたちの共同作業だ。

スタッフ間でときに目配せが交わされ、あうんの呼吸で進められる。

f:id:chifumimurase:20180812205938j:plain

エントランスに醸し出される空気には、そのホテルの人柄ならぬ、ホテル柄がでる。

 

 

雨上がりのスキップ、のはずだったが・・・<茅ヶ崎の熊澤酒造への旅>

f:id:chifumimurase:20180810085831p:plain

『湘南に残された最後の蔵元』

古い酒蔵と築450年の古民家をリモデリングしたレストラン

というキャッチフレーズがわたしの心をそそり、

茅ヶ崎にある熊澤酒造の「MOKICHI TORATTORIA」に行ってみた。

f:id:chifumimurase:20180712125343j:plain

駅をおりたったとき、思わず口ずさんだのは

「だ・れ・も いない 海・・・」

雨がふりしきる日の香川駅

茅ヶ崎で相模線に乗り換え北上、2つめの駅。まわりには何もない。

f:id:chifumimurase:20180810085948j:plain

畑と住宅街の中の道を歩いて行くと・・・もしかしてココかな?

f:id:chifumimurase:20180810090036j:plain

やっぱりそうでした。

f:id:chifumimurase:20180810090106j:plain

レストランはこっちかな・・・と歩いて行くと、ビール醸造工場の向こうに何かありそうな雰囲気。

f:id:chifumimurase:20180810090209j:plain

期待が高まります。

f:id:chifumimurase:20180810090302j:plain

レストランだけでなく、ベーカリーショップやカフェもあるようです。

f:id:chifumimurase:20180810090345j:plain f:id:chifumimurase:20180810090418j:plain

パン屋さん、ずいぶん売れてました。

f:id:chifumimurase:20180810090914j:plain

で、こちらが目的地のイタリアンレストラン「MOKICHI TRATTORIA」。

f:id:chifumimurase:20180810091132j:plain

平日の雨の日のランチタイムが、なんと予約でほぼ満席だそうで、予約しないで来る人はあまりいないようでした。

f:id:chifumimurase:20180810091147j:plainf:id:chifumimurase:20180810091314j:plain

お料理は、ここの料理を食べるためにわざわざ訪れたい、というものではなく、わたしの口には合わなかった。

f:id:chifumimurase:20180810091538j:plain

こちらでは隣の醸造所のクラフトビールが飲めます。

 

♫雨上がりのスキップ、

のはずでしたが、帰路、口をついて出たのは「雨の西麻布」のフレーズ

♫ だから女はうつむいて

 だから男も無口になった♫

 

猛暑の日曜日、東京ステーションホテルでは

f:id:chifumimurase:20180807075741j:plain

東京駅周辺での打ち合わせのとき

歩くのが気持ちがいい季節だと「パレスホテル」になったりしますが

この猛暑だと、女は(男も)迷わず「東京ステーションホテル」。

東京駅直結なので、楽チンです。

が、しかし、

f:id:chifumimurase:20180807080228p:plain

ものすごい待ち行列・・・。

20分待ちでした。

f:id:chifumimurase:20180807080408j:plain

フォトコンチェルトさんと企画の打ち合わせ。

過去の旅行の記録、ホテルなどの資料をきっちり保管されていて、いまやなつかしいホテルのブロシャーなどを見ながら、あのホテルはこうだった、あの通りにはこんな店があって、などなどホテルジャンキートーク

とても楽しかったです、ものすごく暑かったけれど。

 

 

ある猛暑のとてもとても「贅沢」な一日

f:id:chifumimurase:20180804100430j:plain

きのうは「ホテルニューオータニ東京」の「ベッラ・ヴィスタ」で開催された

「MAISON by Sota Atsumi」プレス試食会。

フランス料理界では日本人シェフの存在感が大きくなり、本場パリで活躍するシェフも増えました。

f:id:chifumimurase:20180804102308j:plain
渥美創太シェフもそんな若手注目株のひとり。

試食でいただいたメニューは

f:id:chifumimurase:20180804103658j:plain

カカオビネガーでマリネしたマグロ。ほんのりと感じる甘さはカカオビネガーのよう。

f:id:chifumimurase:20180804103713j:plain

豚の首肉のロティですが、実は隠れた主役は付け添えのビーツという一品。 

f:id:chifumimurase:20180804103751j:plain

焼きトウモロコシのアイスのデザート。スプーンを口に運ぶと予想外の味覚が広がります。

f:id:chifumimurase:20180804104555j:plain

お料理も新鮮な味わいで楽しかったのですが、それにも増して楽しかったのは同席した方々とのおしゃべり。ほんとうに食べることがお好きな方々とたまたま同席することができ、「うまいっ!」「美味しい!」「(無言だが表情で)ジーン」と感動を分かち合うことができました。食事はやっぱり食べることが好きな方とするのが一番。

f:id:chifumimurase:20180804105034j:plain

食後はご一緒したホテルジャンキーズクラブの田名網さんと地下のカフェでお茶。ホテルジャンキーどうしならではの楽しいホテルジャンキートークを。

f:id:chifumimurase:20180804105330j:plain

そして、猛暑のなか日比谷へ移動。

f:id:chifumimurase:20180804105513j:plain

観たかったコレ「ジュラシックワールド 炎の王国」を観ました。

すごかった!すごかった! 恐竜好きにはたまりません。

f:id:chifumimurase:20180804105600j:plain

実はわたし、恐竜が大好きで、ニューヨークでもコレが観たくて博物館に行き、見学の小学生に混じって歓声をあげました。

そして、暑さがぜんぜんやわらがないなか、乃木坂へ。

f:id:chifumimurase:20180804105901j:plain

「ウエスト」でミルフィーユを食べながら、打ち合わせ、というか、これまたホテルジャンキーどうしのホテルジャンキートーク。「ビヴァリーヒルズのミスターCのプールは・・・」とか「サンタモニカのシャッターズ・オン・ザ・ビーチの壁は・・・」なんて話で、まあ、興味のない方にはまったく興味がない話ですが、わたしはとっても楽しかったです。

 

そんなわけで、なんだかとてもとても「贅沢」な一日だった気分。

 

*食い気に負けてついつい撮り忘れたメイン料理の写真とデザートの写真は試食会にご一緒したホテルジャンキーズクラブの田名網今日子さんにお借りしました。