hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

サウジアラビア国王がお泊まりになるホテル

f:id:chifumimurase:20170314110336j:plain

ただいま来日中のサウジアラビアのサルマン国王がどこにお泊まりか、巷ではいろいろな噂が飛び交っているようだが、どうやらココ ↑ らしい。

おそらく日本で最も豪勢な宿泊施設を持っているだろうと言われている(個人所有のものは除いて)、「迎賓館赤坂離宮」である。

f:id:chifumimurase:20170314111055j:plain

f:id:chifumimurase:20170314111151j:plain

都内の高級ホテルがどんなにがんばっても、これだと勝ち目はない。

今回は同行者の数も1000人を超えると言われ、都内の高級ホテルはスイートルームから順に大にぎわい。先週、帝国ホテルに行ったら宴会ロビーにはサウジアラビア人の特設チェックインカウンターみたいなものが設けられ、あたりではアラビア語が飛び交っていたが、先乗りの準備スタッフたちだったのだろう。

さて、日本訪問の前にはインドネシアにも寄られたサルマン国王だが、彼の地ではどこのホテルにお泊りだったのだろうか?

さっそく調べてみたところ、ジャカルタでお泊まりだったのは、「ラッフルズ ジャカルタ」。

f:id:chifumimurase:20170314111852p:plain

2015年8月に開業。「チプトラ・ワールド・ジャカルタ」内にあり、客室数173室。

f:id:chifumimurase:20170314111916p:plain

 この「ラッフルズ」というホテルブランド、実はサウジアラビア王室とは縁がある。サウジアラビアの数多いる王子のひとりで、タイム誌によって「アラブのウォーレン・バフェット」と呼ばれた投資家で、アラブ世界では最もお金持ちと言われるアル・ワリード王子が一時、所有していた。

アル・ワリード王子はホテルがお好きなようで(あるいは儲かると思っているのか、知りませんけど)、フォーシーズンズ・ホテルズもビル・ゲイツと一緒に買ったりして、これまでにもしばしばホテル、というより、ホテル・チェーンを買われた。

余談だが、この王子、トランプ大統領とは大統領選中にツイッターで罵り合戦をし、「おまえなんか、全米の恥だ! 大統領選から消え失せろ!」と言ったら、トランプ氏に「まぬけ王子」と返された。

話はそれたが、ようするに、王子の投資会社であるキングダム・ホールディング・カンパニーがアメリカの投資会社のコロニー・キャピタル社と共同で買収したのが、ラッフルズとフェアモントだったのだが、その後、カタールの政府系投資会社を経て、現在、ラッフルズはフランスのアコー・グループに買収され、その傘下にある…というなにがなんだかわからないくらい、売ったり買ったりが繰り返されているホテルブランド、それがラッフルズ

それくらい「ラッフルズ」というホテルブランドにはブランド価値がある、とも言える。

 

で、サルマン国王のお話に戻ると、バリ島にもお寄りになり、こちらでお泊まりになったのは、「セントレジス・バリ・リゾート」。

f:id:chifumimurase:20170314114931j:plain

 2008年9月にヌサ・ドゥアのバリ・ナショナル・ゴルフ・リゾートのすぐ南にオープンしたスターウッド系のホテルで、客室数124室。

f:id:chifumimurase:20170314115559j:plain

お泊まりだったと思われる部屋は、最高級グレイドの「グランドアスタープレジデンシャルスイート」518平米。スターウッドのなかでは最高級ブランドではあるけれど、

f:id:chifumimurase:20170314120913j:plain

こんなに部屋もたくさんあるけれど、

f:id:chifumimurase:20170314121018p:plain

迎賓館には、そして、たぶん、サウジアラビア王宮にはぜーんぜん敵わない。

 

仕事柄、世界各地の高級ホテルで、いわゆる最高級グレイドの部屋を見せてもらう機会があったが、こんなところばっかり泊まっていたら、飽きるだろうな…というのが正直なところ。最高級感を出そうと思うと、いずこもやることは同じになる。

もし、機会があったら、ぜひサルマン国王に尋ねてみたい。これまでお泊まりになったホテルで、どこがお好きでしたか? と。 

  

迎賓館赤坂離宮の写真は内閣府のサイトから、「ラッフルズ ジャカルタ」と「セントレジス・バリリゾート」の写真はそれぞれの公式サイトからお借りしました。

三崎港、そこには「昭和」と「バンコク」の時間が流れていた。

f:id:chifumimurase:20170313114310j:plain

きのうの続きです。

chifumimurase.hateblo.jp

さて、「三崎東岡」行きのバスに乗ってしまったものの、そこが「三崎港」とどんな位置関係にあるのか、はたまたどのくらい離れているのか、わからない…。

わからないまま、バスに揺られ、終点で降りたら、実は大正解だった。

f:id:chifumimurase:20170313114722j:plain

そこは港に向かう坂道で、

こんな建物のファサードや、

f:id:chifumimurase:20170313114830j:plain

こんな鍵屋さんなんかがあり、

f:id:chifumimurase:20170313114845j:plain

いつしか心は「昭和」にタイムスリップ。

港に着けば、千と千尋の世界。

f:id:chifumimurase:20170313115101j:plain

とりあえず、朝市と呼んでもいいようなところも港沿いにあった。

f:id:chifumimurase:20170313115348j:plain

ここまで流れ流れてやって来たのは、無駄ではなかった。

さあ、ランチをどこで食べようか。三崎といえばやっぱりマグロだろうな。歩きまわって見るが、どの店見てもメニューはほとんど同じ。なんかちょっとつまんないなぁと思いながら、ちょっとはずれの裏道で、こんなお店を発見。

f:id:chifumimurase:20170313115718j:plain

お魚屋さんで好きな魚を選んで、となりの直営レストランで好きなように調理してもらえるという店。

バンコクで1980年代に流行ったシーフード・マーケットの方法と同じ。あっちは野菜売り場もあって、食材をすべて自分で選んで、調理法も細かく指定できた。

ときどき、「このライムとしょうが、使いませんでしたが、何に使いますか?」なんてコックがテーブルまでやってきたりして、あれはほんとうに楽しかった。

11時半ですでにいっぱいで、すいぶんと待っている人も多い。

f:id:chifumimurase:20170313120449j:plain

よし、ここにしよう!

バンコクを思い出し、ほんとうは揚げ魚を頼みたかったのだが、調理法は「刺身・焼き・煮る」の3つだという。まあ、いいか。

なぜかここに来てバンコクを思い出した訳は、このベンチに座って通りを眺めているうちにわかった。

f:id:chifumimurase:20170313120459j:plain

店先で座って通りを眺めていると、向かいのこの木が目に入るのだ。

f:id:chifumimurase:20170313120737j:plain

この木、なんの木、気になる、気になる。

f:id:chifumimurase:20170313120800j:plain

なんと、ゴムの木。

この木がもしここになかったら、この店に入ろうという気にはならなかったかも。というほど、この通りの雰囲気を作っている。

1時間近く待ってようやく店に入れたのだが、お料理は残念ながらわたしの口には合わなかった。座敷席を選んだのだが、室内にも「昭和」の居間の、あの時間が流れていた…。

 

今回のわたしの"勝手に湘南めぐりの旅"でつくづく思ったこと。

長井港のアレを「朝市」として観光客向けに大きく宣伝してはいけないと思う。もしやるのなら、もっとちゃんと、観光客がわざわざ遠路やってきて満足するよう、整備すべき。

わたしは"勝手に"やっているのでいいけれど。

 

 

勝手に湘南めぐり 長井港から三崎港へと流れ流れて…。

f:id:chifumimurase:20170311195310j:plain

先日、はずみで横須賀まで行ってしまったとき ↓

chifumimurase.hateblo.jp

ホテルでもらってきた横須賀観光マップ。デスクの前に貼って、ときどき眺めているのだが、「長井の朝市」というのがどうも気になって、気になって仕方ない。

わたしが反応する言葉のひとつに、「朝市」というのがある。世界各地、旅先で朝市があると聞けば、必ず行く。

というわけで、長井港の一つ手前の佐島港までは踏破し、 

chifumimurase.hateblo.jp

その先の油壺にも行ったことがあるのだが、間にある長井港が未踏の地として残っている。

逗子駅前の魚屋さんにはいつも「長井産」と書いた魚が並んでいるし、わたしの頭のなかで「長井」の2文字は日増しに大きくなっていた。

たまたまきょうが月に一度の「長井の朝市」の開催日ということもあり、もう辛抱たまらん…という感じで、今朝早起きして出かけた。

f:id:chifumimurase:20170311200122j:plain

初めてのところに出かけたときは、まずとにかく端まで歩く。何も考えないでひたすら歩いてみる。

f:id:chifumimurase:20170311200306j:plain

港の端から端までもくもくと歩いた。

もしかして、これかなぁ…朝市らしきものはすぐにみつけた。店内をのぞいてみたが、鎌倉の魚屋さんとあんまり変わらない品揃え。なぜか愛知県産の魚や冷凍のエビなんかも並んでいたりして、うーん、ちょっとちがうんだな、これが。という感じ。

まさか、これだけってことはないよなぁ…とかすかな期待とふくらむ疑惑を胸に、歩く、歩く、端の端まで。長井港はこれまでで一番規模は大きいかもしれない。

しかーし、何もない。

f:id:chifumimurase:20170311200700j:plain

漁船はたくさん係留されていたし、

f:id:chifumimurase:20170311201325j:plain

漁網もそこらにたくさん転がっている。

f:id:chifumimurase:20170311201601j:plain

漁に使う浮きなんかも、無造作にそこここに置いてある。

なのに、朝市、わたしが勝手にイメージしていた、朝獲れの新鮮な魚がいっぱい並び、威勢がいい声が飛び交い、楽しくにぎやかな朝市は、ない。

いちおう、もう何もないと98%確信したものの、残る2%の「まさかこんなところにこんなものが!」なことがあるとあとですごく悔しいので、いちおう反対側のなんにもなさそうな方向も端まで歩いてみることにした。

これが遠かった…。

f:id:chifumimurase:20170311202819j:plain

見えるのは、海に浮かぶ定置網の浮きと海苔漁の仕掛けだけ。

海に面した堤防の上の遊歩道は、向かい風の冷たい強風にあおられ、吹き飛ばされそうになりながら、30分ほどもよろよろ歩いただろうか。

途中、これはアゲインストの強風のなかでゴルフするときの状況と同じだ!と気づき、エアでスイングしてみたり。

ようするに、なんにもない海辺の堤防だったのだ。

f:id:chifumimurase:20170311202109j:plain

対岸に佐島マリーナが見える。先日、雨ですぐに撤退してきてしまったので、再訪してみようか。

と思ってバス停まで歩いて行ったら、目の前に「三崎東岡」行きのバスが来た。

そうだ、三崎港、行こう!

というか、

もうどこへでも、流れ流れて、行ってしまえ!な気分でバスに飛び乗り、三崎港へ。

f:id:chifumimurase:20170311203204j:plain

ここには「昭和」の時間がありました。

この続きはまた、あらためて。