hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

だけども 問題なのは きょうの雨

 f:id:chifumimurase:20170519125800p:plain

トランプ大統領の「利益相反」問題。

アメリカのメディアではこれまでにも

もう、うんざりするくらいたくさん出ている。

chifumimurase.hateblo.jp

つまり、多少のことではみんな驚かない。

ああ、またか、という感じ。

これだけ状況証拠が出ても

どれも決定打にならないだけに

反トランプ側のメディアの苛立ちは隠せない。

 

そこに新ネタがあらわれた。

 

6月12日付けで

ワシントンD.C.メリーランド州の司法長官が

トランプ大統領がオーナーで家族が経営するホテル等が

外国政府の利用により利益を得ているのは

「利益相反」であるとして、

メリーランド連邦地裁に提訴した。

 

内容としてはまったく新味はなく

サウジアラビアなど外国政府が

トランプ大統領のご機嫌をとるために

トランプホテルを贔屓にして利用しているとか、

パパから会社を預かっている息子たちに

事業の報告をさせたりして

事実上は大統領が経営に関与しているなど

今までもさんざん言われてきて

すでに民間からの提訴もされていること

chifumimurase.hateblo.jp

なのだが

今回はそれを「言ってる人」が

これまでとはちがう。

れっきとしたアメリカ合衆国の一州の司法長官。

 

なのに、アメリカのメディアでも

どうもいまひとつ盛り上がりに欠ける感じが否めないのは

 

だけども

問題なのは

きょうの雨

っていう人も多いからなのか。

さぁて、今回はどうなるか。

トランプ大統領はすでに

民主党の陰謀だ!」説をアピールしてるけど。

 

渡り歩けばなにかに当たる? 男も、そして、ホテルも。

f:id:chifumimurase:20170610184355j:plainお、木立のなかにプチホテルが ..... 

とも見えるが、さにあらず。

ここは横浜「海の見える丘公園」内にある

神奈川近代文学館。 

横浜も、こういうプチホテルがありそうでないところだ。

f:id:chifumimurase:20170610184457j:plain

宇野千代展 華麗なる女の物語」をみにきたのだが

ほとんどがシニアの女性客で、

彼女たちの関心はただひたすら

一点に絞られている。

それは、宇野千代さんの男遍歴。

f:id:chifumimurase:20170610184622j:plain

「このヒト、男性関係、すごかったんだってねぇ」

「男なしでは生きられないってタイプ。いるじゃない、そういうヒト」

「男を渡り歩いていたのよねぇ、いるでしょ、そういうヒト」

 

ハイ、います、います、ここにいます。

と心のなかでつぶやくわたし。

「男」を「ホテル」に入れ替えたらですけど。

 

宇野千代さんの代表作「色ざんげ」は

f:id:chifumimurase:20170612111519j:plain

画家の東郷青児から聞き出した話が元だそうで

そもそも東郷青児に会いに行ったのも

小説のネタの取材のためで

取材に行ったその日、

そのまま帰らぬ人(夫のいる自宅へ)になったらしい。

ちなみにこのとき捨てた夫とは、尾崎士郎

 

こうして、男から男へと渡り歩いた

結果は、

宇野千代さんの残した小説になっている。

 

f:id:chifumimurase:20170611105044j:plain

 

さて、 

「ホテル関係」がすごくて

「ホテルなしでは生きられないタイプ」で

「ホテルを渡り歩いて」いるわたしだが

犬も歩けば棒に当たっているように

なにかに当たってるだろうか?

 

 

 

 

 

 

なぜか甘いものが食べたくなる、休みの日の朝食

f:id:chifumimurase:20170514160858j:plain

パリのホテルの部屋で食べた

ショコラとパンオレザンの朝食。

なぜか休みの日の朝食は、

甘いものが食べたくなる。

不思議だ。

 

不思議なことは、世の中たくさんある。

先日みてきた「大エルミタージュ美術館展」で

わたしがものすごーく気になったこと。

f:id:chifumimurase:20170514161606j:plain

ルカス・グラーナハの《林檎の木の下の聖母子》で

木に実っている林檎も

幼いイエスが手に持っている林檎も

どれもみな

裏向きに描かれていること。

エスの林檎くらい

表向きでもいいのに。

裏向きの林檎って

何か意味があるのだろうか?