hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

ペニンシュラ・ホテルズのオーナー会社の第2位の株主に浮上したのは

f:id:chifumimurase:20170806095732j:plain

ホテル界においては最高級ブランドのひとつ、

ペニンシュラ・ホテル」のオーナー会社である

「香港上海ホテルズ」。

f:id:chifumimurase:20170806143528p:plain

1886年創業の会社で

f:id:chifumimurase:20170806143309p:plain

(A)

50%以上の株を創業家のカードゥリー・ファミリーが

保有していることでも知られているが、

今年に入ってから同社の株を買い集め、

ついには12%を保有する第2位の株主として浮上していたのが

シンガポールの富豪といわれる蔡華波氏(Chua Hwa Por)。

その蔡氏が、同社にわざわざ”お手紙”を出してニュースになった。

 

「12%の株を保有しているけれど、

敵対的買収のためではなくて、単なる投資のためです」と。

 

その目的は、本人に確認したわけではないので不明だが、

蔡華波氏の妻の名前が中国の超有力者の娘と同一であることから

いろいろ、いろいろ、憶測を呼んでいる。

 

7月に入ってから香港の中国語メディアで同氏の「香港上海ホテルズ」株購入の件が話題になりはじめたのだが、

【年僅32歲】わずか32歳

新加坡神秘富商】シンガポールの謎に包まれた富裕ビジネスマン

中国語から推測できるその人物像は

わたしの興味をいたくそそっていた。

彗星のように現れた、小説の登場人物のようだ、と。

 

が、しかし、

香港の有力メディアの「サウス・チャイナ・モーニングポスト」紙が

この件について報じた直後に記事を撤回したりして何やら事情がありそう。

 

さて、英国植民地スタイルが売りのペニンシュラホテルのオーナー、

香港上海ホテルズの創業家のカードゥリー・ファミリーだが、

現在はマイケル・カードゥリー氏が会長をつとめている。

f:id:chifumimurase:20170806142934j:plain

(B)

ファミリーの出自はバグダッドイラクユダヤ人で

ホテル業は家業の一つに過ぎず、

グループ企業のドル箱には、

香港の75%の電力を供給する電力会社や

香港トラム(路面電車)などがある。

 

映画「慕情」のロケ舞台になったレパルス・ベイもそのひとつ。

 

f:id:chifumimurase:20170806143133p:plain

(C)

「慕情」のセリフにこんなのがあった。

「北京の月はどこの月よりも大きいのよ」

 

*(A),(B),(C)の写真は香港上海ホテルズのサイトからおかりしました。

 

 

 

 

 

 

ネイマールが約290億円の移籍契約サインをしたパリのホテルとは?

f:id:chifumimurase:20170804155931j:plain

 FCバルセロナからパリ・サンジェルマンFCへ移籍することになった

ネイマール選手。

f:id:chifumimurase:20170804150034j:plain

その移籍金が史上最高額の2億2200万ユーロ(約290億円)

ということが巷ではおおいに話題になっているようだが

わたしの関心はぜんぜんちがうところにある。

 

「8月3日、パリのホテルで移籍契約の調印を行なった」

という記事を読むやいなや

どこのホテルだろ? とさっそく調査。

ハイ、ここでした。

凱旋門からも近い「ル・ロワイヤル・モンソー ラッフルズ・パリ」

f:id:chifumimurase:20170804152242j:plain

1930年代に開業したパリのパラスホテルのひとつだが

デザインホテルで知られるフィリップ・スタルクがデザインを手がけ

ピエール・エルメがプロデュースした朝食あり、

ノブ松久の「Matsuhisa Paris」ありで

2012年にすっかりトレンディーなホテルに生まれ変わった。

 

で、このホテルのオーナーがカタラ・ホスピタリティーで、

パリ・サンジェルマンFCと同じカタール政府系資本の会社。

 

現在世界各地で42軒のホテルを所有しているが

パリではこのホテルのほか「ペニンシュラ・パリ」のオーナーでもあり、カンヌの名門「インターコンチネンタル・カールトン・カンヌ」、ロンドンの「ザ・サヴォイ」、シンガポールの「ラッフルズ」と名門ホテルの狙い撃ち。

 

ネイマールとの世紀の契約だから、調印式もきっと最高の部屋で行ったのだろう。

豪華エントランス付きのプレジデンシャル・スイートと思われるが

f:id:chifumimurase:20170804154447j:plain

最高グレイドの25000ユーロの部屋が3タイプのなかでも

「カタラ・スイート」でさりげない親密感を演出したか、

f:id:chifumimurase:20170804154729j:plain

「プレジデンシャル・スイート 241」の中東スタイルなのか椅子がやたらと多い部屋でにぎやかに行ったのか、わからないが、

f:id:chifumimurase:20170804154942j:plain

数百人のファンがホテルの周りに集まっていたらしいが

ネイマールとしては「あー、終わった、終わった」と

ごろりと横になりたいのは、こんなベッドだろうか?

f:id:chifumimurase:20170804155115j:plain

 

以下、余談です。

サッカーにはそれほど興味がないわたしだが、パリ・サンジェルマンFCって名前、うーん、なんだかけっこう最近、聞いたことがあるな…と思ったら、

コレ ↓ でした!

chifumimurase.hateblo.jp

そうそう、

大手ホテルチェーンのアコーホテルズの会長&CEOであるセバスチャン・バザン氏が不動産投資会社のコロニー・キャビタル社在籍時、当時同社がパリ・サン=ジェルマンFCの株主だった関係で2009年からは同チームの代表もつとめたのだった。

 

 *「ル・ロワイヤル・モンソー ラッフルズ・パリ」の写真は同ホテルの公式サイトよりお借りしました。

さて、「ウォルドルフ=アストリア・ホテル」は今度は、いったい、誰の手に?

f:id:chifumimurase:20170803175055j:plain

「グレイト・アメリカ」のアメリカ国民の皆さん、

ついにチャンスが巡ってきたようです。

アメリカ人にとっては象徴的ホテルでもある

ニューヨークの「ウォルドルフ=アストリア・ホテル」を

もしかしたら、買い戻せるかも…。

 

8月1日付のニューヨークタイムズ紙によると、

中国政府が安邦保険集団に同社が保有する海外資産を売却し、

その売却資金を中国本土に戻すよう求めているらしい、とのこと。

どうやらこの ↓ 関係のようで…。

chifumimurase.hateblo.jp

 一方、安邦保険集団サイドはSNSの微信を通して報道を否定するメッセージを出している。

 

安邦保険集団といえば、

「ウォルドルフ=アストリア・ホテル」のオーナーである。

 もし報道どおりの事態で売りに出される場合、

さて、今度はいったいどこの、誰の手に渡るのだろうか?

 

▼関連記事

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

「なぎさホテル」への旅は、志賀直哉への旅から

f:id:chifumimurase:20170802075526j:plain

逗子にかつてあった「なぎさホテル」への旅をすることに決めたわたしだが、

さて、どこから旅を始めようか。

いつものわたしの旅とおなじように、

頭で考えることをせず

興味のおもむくままに足を向けることにしよう。

 

「なぎさホテルを偲ぶ会」に参加した際に

chifumimurase.hateblo.jp

【創業者の岩下家一氏は、志賀直哉有島武郎らとともに

白樺派」の運動に加わっていた】

【ホテルの建設費用は、志賀直哉を通して、志賀の父に仰いだ】

【なぎさホテルは、『白樺派のホテル版』とも言うべきもの】

ということを知り、このことがとても気になっていた。

 

物書きの端くれでありながらお恥ずかしいことに

これまで志賀直哉だの白樺派作家だのについて

ちゃんと読んだことはない。

志賀直哉にとって父親との関係が大きな問題だった、

なんて言うことも知らなかった。

 

そこでまずは、志賀直哉、そして白樺派の作家たちが書いたものを

読むことからはじめようと思う。

 

「なぎさホテル」への旅のはじまりです。

 

▼本ブログの関連記事

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

極意はプラスするのではなくマイナスすること

f:id:chifumimurase:20170801220549j:plain

遅れて届いたミケランジェロの彫刻1点だけを観に

「レオナルド X ミケランジェロに再び行ってきた。

 

同じものを見ても人が感じることはそれぞれで

感に堪えない様子でじっと見入っている方もいれば

「このイエスはちょっと太りすぎじゃないかしらね?」とは愚母。

私は彫刻そのものよりも、こっち ↓ が気になった。

f:id:chifumimurase:20170801221605j:plain

 同じことを感じたのは、

ホテルオークラで「小海老のドリア」を食べたとき。

f:id:chifumimurase:20170801222400j:plain

このドリアには、小海老とマッシュルームしか入っていない。

普通、素人だとつい入れたくなる玉ねぎも入っていない。

その訳は食べてみるとしみじみわかる。

小海老とマッシュルームだけがここにいるべきなのだと。

 

ある方からサービスの極意について、こんな言葉を聞いたことがある。

「プラスすることではなく、いかに余計なことをしないか」

 

お・も・て・な・し」ブームのおかげで

お客がして欲しくない余計なサービスが増殖中の昨今、

身にしみる言葉である。

 

実は、わたし ↓

chifumimurase.hateblo.jp