hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

ペニンシュラ・ホテルズのオーナー会社の第2位の株主に浮上したのは

f:id:chifumimurase:20170806095732j:plain

ホテル界においては最高級ブランドのひとつ、

ペニンシュラ・ホテル」のオーナー会社である

「香港上海ホテルズ」。

f:id:chifumimurase:20170806143528p:plain

1886年創業の会社で

f:id:chifumimurase:20170806143309p:plain

(A)

50%以上の株を創業家のカードゥリー・ファミリーが

保有していることでも知られているが、

今年に入ってから同社の株を買い集め、

ついには12%を保有する第2位の株主として浮上していたのが

シンガポールの富豪といわれる蔡華波氏(Chua Hwa Por)。

その蔡氏が、同社にわざわざ”お手紙”を出してニュースになった。

 

「12%の株を保有しているけれど、

敵対的買収のためではなくて、単なる投資のためです」と。

 

その目的は、本人に確認したわけではないので不明だが、

蔡華波氏の妻の名前が中国の超有力者の娘と同一であることから

いろいろ、いろいろ、憶測を呼んでいる。

 

7月に入ってから香港の中国語メディアで同氏の「香港上海ホテルズ」株購入の件が話題になりはじめたのだが、

【年僅32歲】わずか32歳

新加坡神秘富商】シンガポールの謎に包まれた富裕ビジネスマン

中国語から推測できるその人物像は

わたしの興味をいたくそそっていた。

彗星のように現れた、小説の登場人物のようだ、と。

 

が、しかし、

香港の有力メディアの「サウス・チャイナ・モーニングポスト」紙が

この件について報じた直後に記事を撤回したりして何やら事情がありそう。

 

さて、英国植民地スタイルが売りのペニンシュラホテルのオーナー、

香港上海ホテルズの創業家のカードゥリー・ファミリーだが、

現在はマイケル・カードゥリー氏が会長をつとめている。

f:id:chifumimurase:20170806142934j:plain

(B)

ファミリーの出自はバグダッドイラクユダヤ人で

ホテル業は家業の一つに過ぎず、

グループ企業のドル箱には、

香港の75%の電力を供給する電力会社や

香港トラム(路面電車)などがある。

 

映画「慕情」のロケ舞台になったレパルス・ベイもそのひとつ。

 

f:id:chifumimurase:20170806143133p:plain

(C)

「慕情」のセリフにこんなのがあった。

「北京の月はどこの月よりも大きいのよ」

 

*(A),(B),(C)の写真は香港上海ホテルズのサイトからおかりしました。

 

 

 

 

 

 

ネイマールが約290億円の移籍契約サインをしたパリのホテルとは?

f:id:chifumimurase:20170804155931j:plain

 FCバルセロナからパリ・サンジェルマンFCへ移籍することになった

ネイマール選手。

f:id:chifumimurase:20170804150034j:plain

その移籍金が史上最高額の2億2200万ユーロ(約290億円)

ということが巷ではおおいに話題になっているようだが

わたしの関心はぜんぜんちがうところにある。

 

「8月3日、パリのホテルで移籍契約の調印を行なった」

という記事を読むやいなや

どこのホテルだろ? とさっそく調査。

ハイ、ここでした。

凱旋門からも近い「ル・ロワイヤル・モンソー ラッフルズ・パリ」

f:id:chifumimurase:20170804152242j:plain

1930年代に開業したパリのパラスホテルのひとつだが

デザインホテルで知られるフィリップ・スタルクがデザインを手がけ

ピエール・エルメがプロデュースした朝食あり、

ノブ松久の「Matsuhisa Paris」ありで

2012年にすっかりトレンディーなホテルに生まれ変わった。

 

で、このホテルのオーナーがカタラ・ホスピタリティーで、

パリ・サンジェルマンFCと同じカタール政府系資本の会社。

 

現在世界各地で42軒のホテルを所有しているが

パリではこのホテルのほか「ペニンシュラ・パリ」のオーナーでもあり、カンヌの名門「インターコンチネンタル・カールトン・カンヌ」、ロンドンの「ザ・サヴォイ」、シンガポールの「ラッフルズ」と名門ホテルの狙い撃ち。

 

ネイマールとの世紀の契約だから、調印式もきっと最高の部屋で行ったのだろう。

豪華エントランス付きのプレジデンシャル・スイートと思われるが

f:id:chifumimurase:20170804154447j:plain

最高グレイドの25000ユーロの部屋が3タイプのなかでも

「カタラ・スイート」でさりげない親密感を演出したか、

f:id:chifumimurase:20170804154729j:plain

「プレジデンシャル・スイート 241」の中東スタイルなのか椅子がやたらと多い部屋でにぎやかに行ったのか、わからないが、

f:id:chifumimurase:20170804154942j:plain

数百人のファンがホテルの周りに集まっていたらしいが

ネイマールとしては「あー、終わった、終わった」と

ごろりと横になりたいのは、こんなベッドだろうか?

f:id:chifumimurase:20170804155115j:plain

 

以下、余談です。

サッカーにはそれほど興味がないわたしだが、パリ・サンジェルマンFCって名前、うーん、なんだかけっこう最近、聞いたことがあるな…と思ったら、

コレ ↓ でした!

chifumimurase.hateblo.jp

そうそう、

大手ホテルチェーンのアコーホテルズの会長&CEOであるセバスチャン・バザン氏が不動産投資会社のコロニー・キャビタル社在籍時、当時同社がパリ・サン=ジェルマンFCの株主だった関係で2009年からは同チームの代表もつとめたのだった。

 

 *「ル・ロワイヤル・モンソー ラッフルズ・パリ」の写真は同ホテルの公式サイトよりお借りしました。

さて、「ウォルドルフ=アストリア・ホテル」は今度は、いったい、誰の手に?

f:id:chifumimurase:20170803175055j:plain

「グレイト・アメリカ」のアメリカ国民の皆さん、

ついにチャンスが巡ってきたようです。

アメリカ人にとっては象徴的ホテルでもある

ニューヨークの「ウォルドルフ=アストリア・ホテル」を

もしかしたら、買い戻せるかも…。

 

8月1日付のニューヨークタイムズ紙によると、

中国政府が安邦保険集団に同社が保有する海外資産を売却し、

その売却資金を中国本土に戻すよう求めているらしい、とのこと。

どうやらこの ↓ 関係のようで…。

chifumimurase.hateblo.jp

 一方、安邦保険集団サイドはSNSの微信を通して報道を否定するメッセージを出している。

 

安邦保険集団といえば、

「ウォルドルフ=アストリア・ホテル」のオーナーである。

 もし報道どおりの事態で売りに出される場合、

さて、今度はいったいどこの、誰の手に渡るのだろうか?

 

▼関連記事

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

「なぎさホテル」への旅は、志賀直哉への旅から

f:id:chifumimurase:20170802075526j:plain

逗子にかつてあった「なぎさホテル」への旅をすることに決めたわたしだが、

さて、どこから旅を始めようか。

いつものわたしの旅とおなじように、

頭で考えることをせず

興味のおもむくままに足を向けることにしよう。

 

「なぎさホテルを偲ぶ会」に参加した際に

chifumimurase.hateblo.jp

【創業者の岩下家一氏は、志賀直哉有島武郎らとともに

白樺派」の運動に加わっていた】

【ホテルの建設費用は、志賀直哉を通して、志賀の父に仰いだ】

【なぎさホテルは、『白樺派のホテル版』とも言うべきもの】

ということを知り、このことがとても気になっていた。

 

物書きの端くれでありながらお恥ずかしいことに

これまで志賀直哉だの白樺派作家だのについて

ちゃんと読んだことはない。

志賀直哉にとって父親との関係が大きな問題だった、

なんて言うことも知らなかった。

 

そこでまずは、志賀直哉、そして白樺派の作家たちが書いたものを

読むことからはじめようと思う。

 

「なぎさホテル」への旅のはじまりです。

 

▼本ブログの関連記事

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

chifumimurase.hateblo.jp

極意はプラスするのではなくマイナスすること

f:id:chifumimurase:20170801220549j:plain

遅れて届いたミケランジェロの彫刻1点だけを観に

「レオナルド X ミケランジェロに再び行ってきた。

 

同じものを見ても人が感じることはそれぞれで

感に堪えない様子でじっと見入っている方もいれば

「このイエスはちょっと太りすぎじゃないかしらね?」とは愚母。

私は彫刻そのものよりも、こっち ↓ が気になった。

f:id:chifumimurase:20170801221605j:plain

 同じことを感じたのは、

ホテルオークラで「小海老のドリア」を食べたとき。

f:id:chifumimurase:20170801222400j:plain

このドリアには、小海老とマッシュルームしか入っていない。

普通、素人だとつい入れたくなる玉ねぎも入っていない。

その訳は食べてみるとしみじみわかる。

小海老とマッシュルームだけがここにいるべきなのだと。

 

ある方からサービスの極意について、こんな言葉を聞いたことがある。

「プラスすることではなく、いかに余計なことをしないか」

 

お・も・て・な・し」ブームのおかげで

お客がして欲しくない余計なサービスが増殖中の昨今、

身にしみる言葉である。

 

実は、わたし ↓

chifumimurase.hateblo.jp

 

 

 

 

改めて学んだこと。オーダーする前には忘れずに・・・

f:id:chifumimurase:20170731111124j:plain

日曜日のきのうは

ホテルジャンキーズクラブのブレックファストミーティング

通称「BFM」、ホテルで朝食を楽しむ会の会合で

パレスホテル東京」6階の「ラウンジバー プリヴェ」へ。

今回はサンデーブランチです。

f:id:chifumimurase:20170731111516j:plain

いける口の方々はワインをオーダーし、

この日は海外在住のメンバーの方も参加され

話題はホテルから、食、旅、海外生活のことなど尽きなく

ホテルを愛する同好の士ならではの楽しい時間がすぎました。

f:id:chifumimurase:20170731115525j:plain

(この写真のみホテルの公式サイトからお借りしました)

わたしがオーダーしたサラダランチ「サラダ・プリヴェ」3300円には

冷たいコーンスープ、グラスデザート、コーヒーが付き、

眺めがよくゆったりとした空間でこのお値段とは、

とてもリーズナブルとみなさん意見が一致。 

f:id:chifumimurase:20170731115753j:plain

このグラスデザートのアイスクリームがとても美味しく

最後の締めがいいと気分も良くなり、

最後のお支払いタイム。

 

ワインのオーダーの際、グラスワインの銘柄を聞かれ、

オーダーテイカーの方がいくつか挙げた候補の中から

「じゃあ、シャルドネで」とオーダーした方がいらしたのですが

伝票を見たその方が「えっ・・・」と絶句。

f:id:chifumimurase:20170731113231j:plain

この方が頼んだシャルドネのグラスワインのお値段が

3800円+サービス料10%=4180円。

ランチ代3300円よりも高いお値段。

その方としては、他の方がオーダーしていた

グラス1杯1600円程度のワインの心づもりだったようです。

オーダーする際についうっかり値段を確認しなかったことを後悔・・・。

  

この方のおかげで、みんなで改めて学びました。

オーダーする前には、必ず値段の確認を。

 

 

 

 

 

ロンドンに「ノブ・ホテル」をオープンした松久信幸氏にとってのホテルとは

f:id:chifumimurase:20170729150606p:plain

7月12日付のニューヨークタイムズ紙に

俳優でありNYの「グリニッジ・ホテル」のオーナーでもあるロバート・デ・ニーロ氏と、彼のビジネスパートナーで寿司職人からホテリエになったノブ・マツヒサ、こと松久信幸氏が、ホテルについておおいに語り合うという記事が出ていた。

 

ノブ松久氏は日本生まれの日本育ちの68才。

日本で寿司職人の修行をしたのち24才でペルーに渡り、

1987年にビバリーヒルズにレストラン「MATSUHISA」を開店。

f:id:chifumimurase:20170729151932p:plain

店の顧客だったロバート・デ・ニーロに気に入られ

彼の出資で1994年、寿司レストラン「NOBU」を

ニューヨークのトライベッカに開店して成功。

レストランチェーンの「NOBU」も今や世界各地に30軒となった。

 

2013年にはデ・ニーロと共同経営で

「ノブ・ホテルズ」ブランドのホテルビジネスへ。

ラスヴェガスに第一号ホテル「ノブ・ホテル」をオープン。

カリフォルニアのマリブにオープンした旅館スタイルの

「ノブ・リョカン・マリブ」でも話題を呼んだが、 

chifumimurase.hateblo.jp

7月1日、ヨーロッパ初進出となるロンドンに

「ノブ・ホテル・ショアディッチ」をオープンした。 

f:id:chifumimurase:20170729150952p:plain

1年のうち10ヶ月は世界各地を旅して回っているという松久氏だが

彼がホテルに求めるものとは

「快適なベッドと広いバスルーム、大きなシャワーヘッド、iPhone のプラグがベッドの近くにあって欲しいし、大きい画面のテレビも」とのことだが、

f:id:chifumimurase:20170729151158p:plain

↑ スリッパが草履なあたりに「和」をアピール。

↓ なんだかトランプ大統領が好きそうなゴールド使いのバスルーム…。

f:id:chifumimurase:20170729151218p:plain

「なぜホテルビジネスに参入したのか?」

というニューヨークタイムズ紙の質問に対し、松久氏はこう答えている。

「ボブ(デ・ニーロ氏)のアイデアだ」

こうしてみると、

【元寿司職人のホテリエ ノブ松久】

をプロデュースしたのが、デ・ニーロ氏なのだろう。

 

ちなみにこちらのダイニングルームには

ノブ松久による「ホテルの朝食」があり

ベーグルを模したライスの上にサーモンをのせたものや

焼き鮭をトッピングしたトマトジュース入りのスクランブルエッグ丼など。

f:id:chifumimurase:20170729151448p:plain

f:id:chifumimurase:20170729151549p:plain

 うーん、なんとなくデザインのポリシーが一貫していないような気がするのだが。

 

「ノブ・ホテル・ショアディッチ」の写真は同ホテルの公式サイトより、松久氏の写真はNOBU HOTELSのサイトよりお借りしました。

勝手に湘南巡り「佐島マリーナ」リターンマッチ編 (3)

f:id:chifumimurase:20170713141514j:plain

 夜明けの佐島港。

錨をあげてもやいを解き、漁に出ていく船。

その間を大型船に人や物を運ぶ小舟が忙しく行き交う。

港がもっとも活気づく時だ。

 

朝陽の明るさに誘われて目が覚め

「佐島マリーナ&ホテル」の角部屋のバルコニーに出ると

息をのむような黄金の時が広がっていた。

f:id:chifumimurase:20170713141803j:plain

眼下のマリーナでは出航するクルーザーが軽いエンジン音を立てている。

f:id:chifumimurase:20170713141543j:plain

予断を持ってはいけない

どんなところも

実際に行ってみなければわからない。

「百聞は一見にしかず」

わかっているつもりだったが、

これほどまでとは。

泊まってみないとわからない、佐島の夜明けの時間だった。

f:id:chifumimurase:20170728094438j:plain

夜明けに漁に出た船が戻ってくるまで

港にはしばらくまた静かな時間が流れる。

鎌倉はもとより東京の店からも買い出しにくるという

魚屋が店を開け始めるのは8時か9時頃。

f:id:chifumimurase:20170728094454j:plain

f:id:chifumimurase:20170728094507j:plain

f:id:chifumimurase:20170728094522j:plain

 

さて、「予断を持ってはいけない」は朝食の時にも続いた。

昨夜は企業研修の団体さんが宿泊中で

ダイニングルームではマイクを使っての賑やかな宴会のため

ブイヤベースには惹かれたもののディナーは断念。

が、団体さんの朝食は別室のようなので、ここで食べてみることにした。

f:id:chifumimurase:20170713141330j:plain

いかにも「今や昔のさびれ系」。

ほかにお客は誰もいない。

テーブルの上のシルバーのペッパー&ソルト入れも

かつては良いものだったに違いないが曇って輝きを失っている。

 

朝食付きプランではなかったため、

予期せぬ朝食客の到来に動揺したスタッフたちが集まって相談。

ほんとうはビュッフェ台に料理がずらりと並ぶらしいが

「召し上がりたいものをおっしゃっていただければなんでも持って来ます。

あ、あの、お代わりも自由ですので何なりとおっしゃってください」

まず頼んだオレンジジュースはフレッシュではないが

「あのぉ、ミルクも美味しいので持って来ましたのでよろしかったらどうぞ」

f:id:chifumimurase:20170713141401j:plain

次々と運ばれてくる料理の数々。

盛りつけなど見かけはいまいち。

ところが、

なんの期待もしないで一口食べてみてびっくり。

うわっ、美味しい!

鎌倉界隈のレストランでも”鎌倉野菜”というのはうんざりするくらい食べているが

ここの野菜の鮮度、イキ、味が、ぜんぜんちがう。

生きているのだ。

f:id:chifumimurase:20170713141425j:plain

晴れ晴れとした空、穏やかな紺碧の海を眺めながら

温かなサービスで、滋味あふれる美味しい朝食を食べる。

身も心も解き放たれるような

まさに

リゾートの時間がここにはあった。

 

勝手に湘南巡り「佐島マリーナ」リターンマッチ編 (2)

f:id:chifumimurase:20170727102727j:plain

そもそも 漁港のお仕事時間帯は早朝なので

昼さがりには動きがパタリと止まっている。

天気が良いだけに日差しは強くものすごく暑い。

日陰でボォーっと涼みながらずっと考える

「このさびた看板の向こうには何て書いてあるんだろう?」

帰りがけにのぞいてみたが、あっち側も同じ。

いつからこのまんまなんだろうか?

chifumimurase.hateblo.jp

の続きです。

 

ランチは前回、雨宿りがてら飛び込んで大正解だった「かねき」へ。

f:id:chifumimurase:20170713135621j:plain

平日でもランチ時にはこの駐車場がいっぱいになる

地元の方々がご愛用の人気店。 

f:id:chifumimurase:20170713135800j:plain

 止まっている車は高級車がけっこう多い。

f:id:chifumimurase:20170713135824j:plain

隣接する魚屋さんではネコもお相伴にあずかっている。

f:id:chifumimurase:20170713140659j:plain

店内のお座敷からは佐島港が見える。

さんざんメニューをチェックして

「この店ではやっぱりこれだな」と注文した地魚寿司と

f:id:chifumimurase:20170713135854j:plain

「刺身&魚のフライ定食」だったが、

前回とまったく同じ注文だったことが今写真を整理していて気づいた…。 

f:id:chifumimurase:20170713135920j:plain

「かねき」の先へ向かうと天神島へ渡る橋に出る。 

f:id:chifumimurase:20170713140010j:plain

 右手手前ちらっと見えているのは「佐島マリン&ファーム」

橋を渡った左手は「トイ・ミュージアム」と北原照久さんのお家。

f:id:chifumimurase:20170713140115j:plain 

天神島も晴れてると先日の雨の日とはまたちょっと感じが違う。

f:id:chifumimurase:20170713140211j:plain

正面よりちょっと右に見えている白い建物が「佐島マリン&ファーム」。

f:id:chifumimurase:20170713141107j:plain

天神島を出ると目の前には佐島漁港

f:id:chifumimurase:20170713140450j:plain

そして、そのすぐ先にそびえ建つのが「佐島マリーナ」

f:id:chifumimurase:20170713140516j:plain

こ、この階段をのぼらないと、ホテルには辿りつけない。

 世界のホテルの中には敷地内や館内のアップダウンが激しく

しかも階段しかないために

「来るなら足腰が丈夫なうちでないと…」というところも多いが

ここもそのひとつに認定(わたしが勝手にですが)。

f:id:chifumimurase:20170713140545j:plain 

しかーし、灼熱の太陽が照りつけるなかをなんとか上ってみると

うわっ、これはすごい! 

佐島漁港もマリーナも何もかも一望できる!

 

気がついたらレセプションでたずねていた。

「今晩、お部屋空いてますか?」

 

というわけで、お泊まり決定。

気持ちも落ち着いて、佐島探訪へ。

まずは佐島の観光名所でもある「佐島マリン&ファーム」へ。

f:id:chifumimurase:20170713140923j:plain

外のテラス席が船のデッキのようだ。

f:id:chifumimurase:20170713140946j:plain

暑いので室内席で名物のソフトクリームを食べてひとやすみ。

f:id:chifumimurase:20170713141012j:plain

あとでディナーも食べに来たが

こんなサンセットタイムが楽しめるのはわずかな時間。

f:id:chifumimurase:20170713140849j:plain

夜の海は真っ暗です。

 

「佐島マリーナ&ホテル」は

いわゆるホテルジャンキー用語でいうところの

「今やむかしのさびれ系」ホテル。

久しぶりに見た旧式のエアコンなど設備は古い。

窓付きなところまではいいバスルームもいかんせん古い。

けれど、眺望絶佳のこのロケーションに

かつてマリーナ&ホテルを作ろうと考えた人の

強い意志が感じられる。

何かありそう…

そんな予感を感じさせるホテルだった。

 

まだ続きます。

 

勝手に湘南巡り「佐島マリーナ」リターンマッチ編(1)

f:id:chifumimurase:20170713131345j:plain

早朝、江ノ電の車窓から眺めた海が

あんまりにもきれいだったから。

こんなきれいな海の日は

そうだ 佐島 行こう!

 

急きょ、その日の予定を変更し佐島に行くことに決めた。

佐島には一度チャレンジしたのだが

雨に打たれ、あえなく撤退した経験がある。 

chifumimurase.hateblo.jp

そして、ふと思い出した。

以前に長井港に行ったとき、

chifumimurase.hateblo.jp

対岸に見えた白い建物(下の写真の左端)。

あれはもしかしてホテルでは・・・?

f:id:chifumimurase:20170713132209j:plain

さっそく調べて見ると、

f:id:chifumimurase:20170713132442p:plain

ホテル・レストラン・ハーバーとある。

 

そういえば、、、

稲村ガ崎の板さんが奥さんと二人でやっている美味しい料理屋さんに行ったとき、

板さんが「ウチの仕入れは佐島ですよ。魚の種類が多いから」と言ってたっけ。

さぞかしにぎやかであろう朝の漁港のようすも見てみたいな。

 

「だったら、佐島に泊まればぁ?

 ホテルもあるしぃ」

ホテルの神様が耳元でささやいている。

 

いちおうわたしにもちょっとだけは存在はしている理性が

「まあ、ホテルに行ってみてだな、もしすごく良さそうであればってことで」

と独りごちながらも、なぜかリュックに着替えを詰めたりして

ともかく、佐島へ向かって出発!

f:id:chifumimurase:20170713133819j:plain

逗子から佐島マリーナへ行くバスは、1時間に1本以下しかない。

終点まで一緒に来た唯一の乗客のお婆さんが運転手さんに尋ねている。

「何分後に出るの?」

「38分後だよ」

「あっららぁ、それまで何してよかしらねぇ」

「暑いからバスん中で待ってたら?」

「そうだねぇ、そうさせてもらおうかね」

どうやらこのお婆さん、行ったり来たりしてるらしい。

佐島、ここはそんなのどかなところである。

f:id:chifumimurase:20170713134349j:plain

昼時の漁港は静かだ。

f:id:chifumimurase:20170713134242j:plain

時間が止まったようなこの感じ、

イタリアのサンタ・マルゲリータ・リーグレから

ポルトフィーノあたりの感じと似ている。

プライベート・マリーナなんかもあったりする。

f:id:chifumimurase:20170713134810j:plain

海沿いの家は、庭先から海に船を出すことができるようだ。

f:id:chifumimurase:20170713135013j:plain

 この家なんか、ロケーション的にいって

ホテルにしたらいいのになぁ。

f:id:chifumimurase:20170713135122j:plain

さあて、佐島リターンマッチの旅、はじまり、はじまり!

 

続きます。