hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

それは果たして「 偶然 」なのか? そして、フレッシュ・ピーチ・メルバ

f:id:chifumimurase:20180721172721j:plain

7月という月は、わたしにとっては「桃」の月。

桃はわたしを酔わせるの、というくらい、桃、大好きです。

あたまがくらくらしそうな猛暑であろうと、ニュースでアナウンサーが声を高めて「命の危険に関わる暑さです!用のない方は外出を控えてください!」と叫ぼうとも

わたしにはたいせつな、たいせつな、用がある。

行かねば、食べに行かねばならない、絶対に・・・。

というのが、「ホテルオークラ東京」のコーヒーショップ「カメリア」で

桃がおいしい季節にだけ、本当においしい桃だけを使って提供される

「フレッシュ・ピーチのピーチ・メルバ」。

2065円(税サ込)の価値、

あります。

f:id:chifumimurase:20180721174202j:plain

食後の「フレッシュピーチメルバ」を想いながら幸せ気分でランチしてたら、見たことがある後ろ姿が十メートルほど先のサラダバーにいる。

もしかして、ホテルジャンキーズクラブの宮坂さん?

うーん、まさか。でも、ありうるかも。

だって、ホテルジャンキーなんだから。

f:id:chifumimurase:20180721174647j:plain

「フレッシュピーチメルバ」のシーズンでもあるし。

ちなみに、我らがホテルジャンキーたちの間では、オークラの【このホテルのコレ!】認定されています。

f:id:chifumimurase:20180721173934j:plain

もしやと思って見に行ったら、

やっぱり宮坂さんでした。

「偶然」とも言えるし、ホテルジャンキーとしては「必然」かも。

ああ、諸行無常の響きあり。安邦保険集団が海外所有ホテルを売却。

f:id:chifumimurase:20180720101848p:plain

7月19日付のニュヨークタイムズ紙によると、歴代の米国大統領の定宿でもあったニューヨークの「ウォルドルフ=アストリア ホテル」の買収などで、一時は飛ぶ鳥おとす勢いだった中国の安邦保険集団が海外に所有するホテルの売却を決定した。

chifumimurase.hateblo.jp

その元主は今年の5月に18年の刑を判決を宣告され係争中だが、

売りに出されるホテルは

f:id:chifumimurase:20180720101203j:plain

ワシントンの「フォーシーズンズ・ワシントン」

f:id:chifumimurase:20180720102329j:plain

ニューヨークの「JW マリオット・エセックスハウス」

f:id:chifumimurase:20180720101105j:plain

モスクワの「フォーシーズンズ・モスクワ」など。

すでに中国政府の管理下に入っているニューヨークの「ウォルドルフ=アストリア ホテル」はただいま改装のためクローズ中だが、今回の売却リストには入っていない。

 

*「ウォルドルフ=アストリア ホテル」「フォーシーズンズ・ワシントン」「JW マリオット・エセックスハウス」「フォーシーズンズ・モスクワ」の写真はそれぞれの公式サイトよりお借りしました。

 

被害者なのに、ホテルから訴えられた! 「ラスベガス銃撃事件」

f:id:chifumimurase:20180719101121p:plain

7月17日付のニューヨークタイムズ紙によると

MGMリゾーツ・インターナショナルは

「ラスベガス銃撃事件」の被害者たち1000人を訴えた。

同事件については本ブログでも書いたが ↓ 

chifumimurase.hateblo.jp

昨年10月に「マンダレイ・ベイ・ホテル」の32階のスイートに滞在していた犯人が

部屋からコンサート会場に向けて無差別に乱射し、58名の死者と500以上の傷者を出した事件。

 

しかし、被害者をホテルが訴えるって、逆では? いったいどういうこと?

記事によると、ホテルとしての責任を回避するため、先手を打ったんだそうだ。

f:id:chifumimurase:20180719100221p:plain

事件の被害者たちから

「なぜホテルはそんな犯罪を起こしそうな人間をゲストとして受け入れ泊めたのか? 

さらには大量の武器を部屋に持ちこませ(十数個のスーツケースを数回に分けてベルボーイに運ばせている映像が残っている)室内に保管しているのを見逃したのか?」

f:id:chifumimurase:20180719101351p:plain

という、ホテルの責任を問う訴えを起こされる可能性があるため。

ホテルに責任はないことを先に法的に立証するのが目的なので、

ホテルは被害者たちに対して金銭的な請求はしないとのことだが、

いってみれば、同社の弁護士の奇襲戦法というか "悪知恵" 。

訴訟王国として知られるアメリカだが、

いやはや。

 

トランプ大統領がヘルシンキで泊まったホテル

f:id:chifumimurase:20180717102433j:plain

フィンランドの首都ヘルシンキ

ロシアのプーチン大統領と米露首脳会談を行ったトランプ大統領

泊まったホテルはこちらです ↓

f:id:chifumimurase:20180717102359p:plain

 「ホテル・セント・ジョージ」

客室数153室なので、アメリカ政府の貸切かも。

かつてはフィンランド文学ソサエティーの本部もあったという文化の香り高いホテルで、どこをどう見ても、トランプ大統領のご趣味とは合わなさそうな感じ。

お泊まりの部屋はおそらく

f:id:chifumimurase:20180717111618p:plain

ホテルのシグネチャースイートである「セント・ジョージ・スイート」94平米(47・5平米のアトリエをコネクティングルームとして使える)でしょう。

f:id:chifumimurase:20180717102032j:plain

3階にあり、バルコニーからはオールド・チャーチ・パークの眺めがのぞめます。

f:id:chifumimurase:20180717111718j:plain

会談に遅刻したプーチン大統領に待たされおかんむりだったというトランプ大統領

昨夜はぐっすり眠れたでしょうか?

 

「ホテル・セント・ジョージ」の写真は同ホテルの公式サイトよりお借りしました。