hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

逗子「なぎさホテル」への旅に出ることにしました。

逗子をこれまでと違う角度でみてみたいと思い新逗子エリアへ。 田越川を見下ろすイタリアンレストラン「Cafe Prato」でランチ。 川沿いのビルの1、2階にあるカジュアルなお店だ。 お料理は美味しいのだが、テーブルが小さすぎるのとお盆に皿などをのせたま…

モモは心を酔わせるの

ただコレを食べるためだけに 昨日のクラクラするような猛暑のなか、 やってきました「ホテルオークラ東京」の「カメリア」へ。 去年はじめて食べて、その美味しさに魅了された 「フレッシュ桃のピーチメルバ」を食べるため、ただそれだけのため。 chifumimur…

アメリカ国連大使の公邸があるホテルについての私的考察

こっちの方が帰宅時にドアマンから 「お帰りなさいませ、大使閣下」と言われるとき アメリカの ”国連大使” であることを実感できるかも…。 とわたしが勝手に思ったのは 「インターコンチネンタル・ニューヨーク・バークレイ」。 6/30付の本ブログ記事 ↓ chif…

香港エアポートで目撃したチャイニーズ・ママのムチとアメ

香港エアポートのカフェで。 隣席はカナダから夏休みで香港に里帰りし、帰国する中国人ファミリー。 3人兄弟の末っ子の娘(2才くらい)が「やめなさい!」とママが何度言っても聞かず、さっきからストローで悪さをしている。 ついにママ、ブチ切れ。 「わか…

さまざまな香港、さまざまなホテルジャンキーたち 〜「@香港の会」(7)

わたしが今回泊まった「カオルーンホテル」は 「ペニンシュラ」と通りをはさんでお隣どうし。 「ペニンシュラの裏のホテル」とも言われてるが わたしは昔から「表」も「裏」もどっちも好き。 ペニンシュラのこういう ↓ 洗練されたコロニアルな世界もいいけれ…

3日目の朝食の後は、ふと九龍を見おろしたくなって 〜「@香港の会」(6)

この日は「@会」参加のみなさんは帰国日。 朝食をご一緒した古谷さんと「YMCA」で別れ、 さぁて、どこ行こうかなぁ、なにしようかなぁ・・・ なんにも決めてない旅先のまっしろな時間。 そんな自由な時間がわたしは大好きだ。 前日、セントラルの私房菜で四…

3日目の朝食のおかわりのコーヒーは 〜「@香港の会」(5)

同じホテルに泊まっている古谷さんと早朝公園散歩に行く予定が雨で中止。 そこで、朝ごはんをご一緒することにした。 昨夜は私坊菜(シェフのプライベート・キッチン)で 辛い辛い辛い四川料理を食べたため 朝ごはんはやさしいお粥に。 ほかのお粥の倍近いお…

黄油蟹、ただこれを食べるために 〜「@香港の会」(4)

これが噂の黄油蟹、イエロー・バター・クラブ。 食通たちの間では上海蟹より美味しいといわれている蟹です。 真夏の非常に短い期間にしか食べられないうえ、 いつから入荷するかも間際になるまでわからないため 香港観光庁でもなかなかPRできないというしろ…

わたしの香港の朝 その2 〜「@香港の会」(3) 

旧リージェント香港。 今はインターコンチネンタル香港だが、 わたしにとっては今でも「リージェント香港」。 二日目の朝は、ここのロビー・ラウンジで朝食。 香港滞在中、いつ行くかは決めていなかったが 今朝、雨模様の空を見あげた瞬間、 こんな日の、あ…

わたしの香港の朝は 〜「@香港の会」(2)

わたしの香港の朝は、いつもコレで始まる。 それも、高級ホテルのレストランで出すような上品なものではなく、 街の裏通りにあるこういう店の。 早朝便で今朝着いた方とホテルの近くをぶらぶらして見つけたお店で朝食。 地元客がほとんどのようで、 働く店の…

散っては集まり、集まってはまた散って 〜「@香港の会」(1)

今朝の「ホテル窓の眺め」です。 成田から飛んでやってきたここは、香港。 ペニンシュラの裏にあるこのホテル「ザ カオルーンホテル」は かつてはペニンシュラの経営だったホテルだが 出張のビジネスマンたちが多く 観光とはまたひと味ちがった空気感があり …

みなさん気分はすでに旅先へ (成田空港ターミナルにて)

成田空港のコーヒーショップ。 男性のみなさんたち、帽子かぶったままで朝食中の方が多い。 気分はすでに旅先の真っ青な空と照りつける太陽の南国へ。 奥のご老人ふたり連れ。 「わしゃ、バンコクはもう飽きたがな、どっかいいとこないかねぇ」 「シンガポー…

昔のまんまで出てます・・・名前は変えましたが。

今朝の「ホテル窓の眺め」 きょうから旅に出ます。 昨晩は成田空港近くの「成田エクセルホテル東急」に泊まった。 ロビーはまあ、いまどきのホテルっぽい。 が、しかし、 部屋に入った瞬間、言葉を失った。 そこにあるのは昭和の時間。 昔のまんまで出てます…

ある夏の暑い日曜日、鎌倉で、「変」について考えた。

きょうは暑く長い一日になりそうだ、 そんな夏の日曜日のこと。 腹が減っては戦は出来ぬ。 朝食メニューが豊富で ホテルのコーヒーショップにスカウトしたいとわたしが勝手に思っている 鎌倉駅西口の「ガーデンハウス・レストラン」で パンケーキ・ブレック…

欧州歴訪から帰国した安倍首相が、真っ先に向かったホテルとは

昨日午後、G20と欧州歴訪を終えて帰国した安倍首相が 「ああ、ここ来るとホッとするなぁ」 と思った(わたしの勝手な想像です)かもしれないのが 帰国後、最初の食事に訪れた「ザ キャピトルホテル東急」の チャイニーズレストラン「星ケ岡」。 ヨーロッパ滞…

安倍首相にコペンハーゲンのホテルでおすすめしたい朝食

欧州歴訪中の安倍首相、今頃はこちらのホテル 「コペンハーゲン・マリオット・ホテル」でご就寝中だろうか。 最上階にはいちおうロイヤル・スイートもある。 この「マリオット・ホテル」とは、 ホテルチェーンのマリオットホテルズのなかでは 「ラグジュアリ…

安倍首相がG20の帰途、ストックホルムでひと息ついたホテル

もういったい誰が味方で誰が敵なのか 昨日の友は今日は敵、だけど明日はどうなるのか? お互いになんだかもう訳がわからん! といった混乱状態のG20をとりあえず終えた安倍首相が向かったのは スウェーデンの首都ストックホルム。 こちらでお泊りになったの…

安倍首相がG20で泊まったホテルで選んだ部屋タイプはどっち?

こうも難題続きだと、 ホテルの部屋に帰ってからも 一杯飲りたい気分になるのではないでしょうか? 安倍首相殿。 chifumimurase.hateblo.jp 昨日の記事の続きです。 今回、安倍首相がお泊まりになったホテル 「ラディソン・ブル・ホテル・ハンブルク」は 3…

オバマの嫌がらせだぜ! トランプ米大統領がハンブルクで泊まるハメになったところ

ただいまハンブルクで開催されているG20 サミット。 参加国の数が多いだけに 各国の代表団の間でホテルの取り合い合戦が行われたもよう。 メルケル独首相は地元の強みで ハンブルクの2トップの名門ホテルのひとつ 「アトランティック・ケンピンスキ」。 イ…

安倍首相がG20の前にブリュッセルで泊まったホテル

最近の安倍首相、頭の痛いこと続きのようで もしかして、日本を離れて海外に滞在しているときが いちばんホッと心休まるときかもしれない(わたしの勝手な推測です)。 それも、誰にもじゃまされないスイートの中の執務室 ↑ あるいは、 バスルームがいちばん…

トランプ大統領の”闘犬”弁護士がロシア疑惑で密会に使ったホテル

マイケル・D・コーエン。50才。 本人のSNSのプロフィールによると 「Personal Attorney to President Donald J. Trump トランプ大統領の顧問弁護士」 トランプ・オーガニゼーションのヴァイス・プレジデントでもあるが その仕事の内容は明らかではなく 巷…

モノ語りの物語 「旅行トランク」

先日、母と観たい映画があり 鎌倉の小町通りをちょっと入ったところにある 川喜田映画記念館を訪れた。 映画の目利きとして 世界の映画界でもその名を知られた映画人 川喜田かしこさんと共に 世界各地を旅した旅行トランクが展示されている。 ホテルのステッ…

「また今度」はないから、「いつか」はいつまでも来ないから

登っていく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて、坂を登ってゆくでろう。(司馬遼太郎「坂の上の雲」より抜粋) 急坂を抜けるとそこは天国であった。 鎌倉ではそんなシーンによく出会う。 極楽寺から七里ヶ浜に抜け…

ホテル選びにもセキュリティに気を使っているアメリカ。そして、日本は ..... 大丈夫?

ニューヨークの「ウォルフドルフ=アストリア・ホテル」。 かつてはアメリカを代表する名門中の名門ホテルであり アメリカ大統領がニューヨークに滞在する時の定宿。 ここを「住まい」とするV I P住人たちも多く 住人のひとりだったマッカーサー元帥を 吉田…

夕陽を見てナポリを思い出し、向かったところ

先日、ゴルフのレッスンの帰りの七里ヶ浜で 目の前で突然、富士山が姿をあらわした。 が、こんなシーンが見られたのもわずか2、3分。 あっという間に富士山は隠れてしまったが 心はすっかりナポリへ飛んだ。 ナポリにはわたしが好きなホテルがある。 「グ…

バリ島で休暇をすごしたオバマ元大統領は、やっぱりホテルジャンキー?

バリ島で 今日まで5日間の休暇をすごした オバマ元米大統領ファミリー、 お泊まりはウブドゥの高級ホテルと報道されていたが そのホテルとは 「フォーシーズンズ・バリ・リゾート・アット・サヤン」 18室のスイートと42棟のプライベートヴィラがあるが …

メラニア夫人が選んだ新しいホワイトハウスの運営責任者は元ホテルマン

大統領の私邸も含め132室あるホワイトハウスは 「ホテル」にも擬せられる。 そのGM(総支配人)ともいえる「Chief Usher」を務めていた アンジェラ・ライド氏が5月5日、 トランプ大統領によって 「ユー・アー・ファイアード!」と 突然 解任されて アメ…

ホテル情報誌「ホテルジャンキーズ」Vol.122 本日発売です!

おかげさまで創刊21年目に突入した小誌ですが スタンスは変わりません。 ホテル愛好家によるホテル愛好家のための 利用者の立場に立ったホテル情報誌。 ホテル愛好者にとって読んで楽しい雑誌を 昔も今もずっとめざしています。 さて、今号も、 ハタ!と膝…

英国のキャサリン妃の妹が嫁いだ家はホテルのオーナー

英国のキャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトン嬢は 今年の5月にジェイムズ・マシューズ氏と結婚したが 彼女の義理の両親となったデイヴィッド&ジェイン・マシューズ夫婦は カリブ海のセント・バーツ島にある 有名ホテル『エデン・ロック』のオーナーである。 …

ヒルトンがアメリカで始めた「インルーム・フィットネス・コンセプト」とは

ヒルトンが新しい客室コンセプトとして 「インルーム・フィットネス・コンセプト」なるものを発表した。 どういうものかというと、 インドア・バイクだとかバランスボールだとか 11種類のフィットネス器具が装備され、 ヨガやストレッチをやる際には じゃ…

ニューヨークのホテルで、遅いランチ、あるいは夜食に無性に食べたくなるもの

ニューヨーク滞在中は ホテルで朝食以外の食事をすることはほとんどない。 けれど、なんだかんだしているうちに ついランチを食べそびれてしまったときとか 仕事中、小腹がすいて夜食を食べたくなったときとか ルームサービスでも取るか、とメニューを開く。…

雨の日に行きたくなるホテル そして、飲みたいコーヒー

こんなものすごい雨の日に行きたくなるのは マレーシア・ペナン島の 「シャングリラ・ラサ・サヤン」。 改装前のちょっと「さびれ系」がかかった頃の方が わたしは好きだったのだけれど、ちょっと残念。 庭には大きなレインツリーの木があり うっそうと茂っ…

英国一のお金持ちがオーナーのホテル、ロンドンの「ラッフルズ」

ホテルのオーナーという立場は 世のお金持ちの心をいたくそそるもののようで 古今東西、お金を手にし、それなりの地位を得た人々は その仕上げとでもいうように ホテルを手に入れようとする。 そのホテルが由緒ある名門ホテルだったりすると いうことはない…

「どこのホテルに泊まってるんだね?」で墓穴を掘ったニクソン大統領

ワシントンDCの「ウォーターゲート・ホテル」の屋上バーです。 「どこのホテルに泊まってるのかね?」 これで墓穴を掘ったのがニクソン大統領だった ..... というのは、あくまでも映画「フォレスト・ガンプ」では、ですが。 映画を観てない方のために書くと…

「ああ、ここがホテルだったら ..... 」シリーズ 東京・丸の内編

ここはボストン、ハーヴァード・スクエアの ..... なんて書いても ちっとも不思議ではない空気感と佇まい。 実は、東京駅から歩いてわずか5分、 丸の内オフィス街の高層ビルの中にひっそりとある 「三菱一号館美術館」。 *上の写真は三菱一号館美術館の公…

今から半世紀前、ホテルの厨房で暗殺されたロバート・ケネディ

人目につかずにホテルで密会をしたい政治家、 あるいは 待ち受ける多くのファンの目を逃れて出入りしたい 人気スターなどがよく使う手が 厨房などバックヤードを経由して 従業員玄関や搬入口から出入りするルート。 今から半世紀前、1968年6月5日 ロサ…

セッションズ米司法長官が駐米ロシア大使と「密会」したホテルとは?

「メイフラワー・ホテル」 1925年開業、 首都ワシントンでは老舗ホテルのひとつである。 このホテルのゲストとして有名な人といえば、 まずあげられるのが 第32代フランクリン・D・ルーズベルト米大統領 1933年3月3日、大統領就任演説の前日、 …

そして、またひとりいなくなった ..... 安邦保険集団のミスター・ウーが中国当局に拘束

「安邦保険集団の会長ウー・シャオフゥイは 個人的な事情によりただいま一時的に 当社での役割を果たすことができません。」 中国の安邦保険集団の公式サイトに6月13日付けで こんな声明が出た。 6月13日付けのニューヨークタイムズ紙によると 「ウォ…

だけども 問題なのは きょうの雨

トランプ大統領の「利益相反」問題。 アメリカのメディアではこれまでにも もう、うんざりするくらいたくさん出ている。 chifumimurase.hateblo.jp つまり、多少のことではみんな驚かない。 ああ、またか、という感じ。 これだけ状況証拠が出ても どれも決定…

渡り歩けばなにかに当たる? 男も、そして、ホテルも。

お、木立のなかにプチホテルが ..... とも見えるが、さにあらず。 ここは横浜「海の見える丘公園」内にある 神奈川近代文学館。 横浜も、こういうプチホテルがありそうでないところだ。 「宇野千代展 華麗なる女の物語」をみにきたのだが ほとんどがシニアの…

なぜか甘いものが食べたくなる、休みの日の朝食

パリのホテルの部屋で食べた ショコラとパンオレザンの朝食。 なぜか休みの日の朝食は、 甘いものが食べたくなる。 不思議だ。 不思議なことは、世の中たくさんある。 先日みてきた「大エルミタージュ美術館展」で わたしがものすごーく気になったこと。 ル…

人間の心は「食べた時間」でできている。

パリのプチホテルの時間が流れるエントランス。 ここは、青山の根津美術館の近くにある 秋山庄太郎写真芸術館。 写真家の故秋山氏のアトリエ&住まいだったところだそうだ。 3フロアに分かれた館内をゆっくり見てまわりながら なんとなく感じたのがパリの時…

「どこでもホテル」の時代がやってきたら

好きな場所で、好きな眺めをみながら過ごす。 眺めジャンキー系ホテルジャンキー族にとっては至福のとき。 しかし、ぴったりの好みの眺めを持つ ホテルルームを手に入れるのはけっこう大変だ。 だったら、その眺めのいい場所に部屋を運んじゃえば? と言う「…

トランプホテルの新ホテルブランド「アメリカン・アイデア」とは? 

「アメリカン・アイデア」 それは、誰が言うかによって意味は変わるだろう。 「マイ・アイデア」と同じように。 今回、この言葉を固有名詞として使っているのは トランプ・オーガニゼーション。 (人気サイトのようで、ずっと混んでて見られません。あるいは…

ホテルからルームキィーがなくなる日

ホテルのルームキィーが ずしりと重く大きなものから 持ち歩けるほど軽く小さなものになり 薄いプラスティックのカードキィーになり ただかざすだけでよくなった今、 次は スマホがルームキィーがわり というのがホテル界の新しい潮流だ。 ヒルトンホテルズ…

「アフタヌーン・シー・タイム」って?

ん? なんじゃ、コレ? 思わず笑ってしまったネーミング 「アフタヌーン・シー・タイム」。 つい先日、タオルミーナ・サミットの晩餐会の会場になった chifumimurase.hateblo.jp 「ベルモンド・グランドホテル・ティメオ」がやっている シシリア版アフタヌー…

本物だけが持つ「スケール感」とは

なんとなく、ああ、あれね ... と 知っている気になっていたけれど まるで思ってたのとはちがっていた ..... 想定外も想定外。 ああ、やっぱり来てみてよかった そんな体験をしたのは 観たいという母のお供で来た 「ミュシャ展」 これまでアール・ヌーヴォー…

それってホテルではありませんけど .....

ホテルと目に入ればすぐ反応するのが ホテルジャンキー。 mainichi.jp 毎日新聞のウェブ版で 写真についているキャプション 【トランプ大統領がパリ協定から脱退すると発表した後、 ホテル正面に緑色のライトが投射された =フランス・パリで2017年6月…

新宿で昼下がり、静かにふつうにお茶できるホテルって

新宿で仕事の打ち合わせをすることになり さぁて、場所はどこにしようか?と悩む。 なにしろ昼下がりの時間帯、 界隈のホテルのティーラウンジはどこもいっぱいだ。 並んで席待ちするわけにもいかないし。 うーん ..... と考えた末、 「京王プラザホテル」4…

パーティーの前、わたしが「すき間の時間」をすごすのは

夜のパーティーに出る前には 「オークラのプールでひと泳ぎしてシャワーを浴び、 洋服を着替えて、気分を切り替えないといかんのだ」 そうのたもうたのは わたしのOL時代の元ボスである元駐仏大使の北原秀雄氏。 この教えにしたがい わたしもパーティーに参…