読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

トランプ大統領の敵「ニューヨークタイムズ紙」が静か〜に狙っているもの

トランプ・ホテルのトランプ? あれは名前のトランプではなく、カードのトランプ!オルターナティヴ・トランプだぜ! 今にもそんな風にうそぶいてしまいそうな、もうほとんどなんでもあり状態のトランプ大統領。利益相反なんて、知ったことか。って感じだが…

ホテルのリカー・ライセンス、それが問題だ。となるかどうか?

人にもいろいろなタイプがある。 攻めには強いけれど、守りにはいると弱い人もいれば、その逆もあり。 さて、アメリカ人。 とにかく西だ、西だぁ〜、西へ向かって行けぇ〜、邪魔なものは先住民でもなんでもみんななぎ倒せぇ〜と怒涛のように進んで行った建国…

心はラディカル・シックな女

古風な装いだけれど、心はラディカル・シックな女、というのが、 ミス・ニューヨーカーである。 こう書かれているのは、常盤新平さん。 直木賞作家で、マフィアものやアーウィン・ショーの翻訳でも知られ、なかでもショーの「夏服を着た女たち」は、翻訳にお…

ヒラリー・クリントンがトランプに敗北の電話をかけたホテル

ヒラリー・クリントンが今夜、トランプに痛恨の敗北を認める電話をかけたのは、このドレッサーの前だったのかもしれない(わたしの勝手な想像です)。 大統領選挙の開票中、ヒラリーは民主党の選挙センターがある「ジェイコブ・ジャビッツ・コンベンション・…

もしトランプが勝ったら祝勝パーティーが行われるNYのホテルとは

いよいよアメリカ大統領選挙の投票日となった今日、ホテルも今ごろ、大忙しだろう。 祝勝パーティーになるか、残念会になるか、いずれになるかはわからないけれど、どっちに転んでも対応できるよう万全の準備をするのがプロのホテリエというもの。 共和党、…

NY「プラザホテル」ペントハウスの住人とは

ニューヨーク、セントラルパークと五番街の角に建つ「プラザホテル」の住人として、もっとも有名なのは、おそらくこの少女だろう。 「わたしはエロイーズ。6才よ」 このシンプルにして有名なセリフで知られる、半世紀前に出版された絵本「エロイーズ」の主…

ホテリエをめざす男たちに、新顔登場!

9月29日付で、モーガンズ・ホテル・グループのSBEエンターテイメント・グループによる買収が決定した。 モーガンズ・ホテル・グループとは、デザインホテルの先駆者であり大御所的存在のイアン・シュレイガーが1984年に創業したホテル・グループで、…

ホテリエの転職先

「ウォールストリート・ジャーナル」紙を読んでいたら、バリ島のフォーシーズンズ・ジンバランベイやパリのジョルジュVなどのGM(総支配人)をつとめ、ホテルジャンキーたちの間ではよく知られていたクリス、クリストファー・ノートン氏が、スパ&フィットネ…

アマンリゾーツとトランプ米大統領候補の意外な関係

1998年10月、アマンリゾーツの創業者であるエイドリアン・ゼッカがアマンを追われるはめになった。その時、株を握ることにより、ゼッカに替わってアマンを乗っ取った(ゼッカの側から言えば)のが、不動産投資会社コロニー・キャピタルのトーマス・バラック…

トランプ・ホテルにとって大統領選は凶か吉か?

キンキラキンに輝くニューヨークの「トランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー」。向こうに見える緑はセントラルパークの木立。住所は、1 Central Park West, New York。「マンダリン・オリエンタル・ニューヨーク」が入っているタイム・ワーナ…

「ひと皮むける」か、「ひと皮むくと」か、それが問題だ。

グランドハイアット・ニューヨーク。42丁目に面し、通りをはさんでクライスラービル、隣はグランドセントラル駅という抜群のロケーション。 どこからどう見ても、ゴールドに輝くガラス張りの新しいビルに見える。 かつてこの建物は、老朽化して精彩を欠い…

【続々 ウォルドルフ・アストリア・ホテル】ようやく怒ったアメリカ人だけど、ちょっと遅いのでは…?

「我々のグランドホテルをコンドミニアムにされてしまうのを防ぐための法律が必要だ!」 ウォールストリート・ジャーナル紙のコラムニスト、ラルフ・ガードナー Jr. が 7/4付けのコラムの冒頭で吠えている。 《関連記事》 ウォルドルフ=アストリア・ホテルが…

(続)ウォルドルフ=アストリア・ホテルが… 

昨日の記事 ウォルドルフ=アストリア・ホテルが…またまた安邦保険集団が…。 の続報です。 《ホテルの客室の the majority of the hotel's rooms (大部分)はコンドミニアムにして分譲…》の「大部分」とは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、1,1…

ウォルドルフ=アストリア・ホテルが…またまた安邦保険集団が…。

ウォルドルフ=アストリア・ホテルといえばアメリカを代表する名門ホテルで、アメリカの歴代大統領のニューヨークの定宿だった、あの日までは…。そう、中国企業の安邦保険集団(鄧小平の孫娘の夫が率いる中国企業)が昨年、ヒルトンから買収するまでは。 なに…

朝食のトーストは、ホテルのすべてを語る

久しぶりに「そう、そう! こういうのが食べたかったの!」というトーストに出会ったのは、ニューヨークのグリニッジ・ホテルの「ロカンダ・ヴェルデ」での朝食。 パンの種類も焼き加減も、何から何までぴったりと私の好みに合った味だった。 ホテルジャンキ…

NY トライベッカのお寿司屋さん

ニューヨークのトライベッカでお寿司を食べた。 「グリニッジ・ホテル」に滞在中、「SHIBUI SPA しぶいスパ」に午後予約を入れていたのでランチは軽くお寿司でも食べようと、ホテルのレセプショニストに「この近くでどこかおいしいお寿司屋さんはない?」と…

史上最高のホテルの楽しみ上手は、

それは、↓ この子。 「わたしはエロイーズ。6才よ」 ニューヨークのセントラルパークに面した元高級ホテル(今や昔)である「プラザ・ホテル」の最上階の豪華スイートに住んでいる女の子である。 ホテルというもの、そして、スタッフそれぞれの機能・役割を…

NY トライベッカの「眺めのいい部屋」

トライベッカのホテル「The Roxy ザ・ロキシー」でチェックインの際、「どんな部屋がお好みですか?」と聞かれたので、「The Room with a nice view is very much welcomed! 眺めのいい部屋だったらすっごくうれしい!」。 そうしたら、モヒカン刈りのハンサ…

実にニューヨークで、トライベッカな、ホテルの朝食シーン

きょうの朝食は、グリニッジ・ホテルでレモン・リコッタ・パンケーキ。 ここの人気メニューのひとつで、私がオーダーしたのを見て、「 I changed my mind. オーダー変更。やっぱり僕もパンケーキにする」という男性客が約2名。 今朝は7時すぎに行ってみた…

ニューヨークの定宿はココに決定!

ロバート・デニーロがオーナーの「グリニッジ・ホテル The Greenwich Hotel 」。 ニューヨークの定宿はココに決定です! ホテル選びに延々と迷いに迷った甲斐がありました。 マンハッタンでは贅沢なパティオがあり、 部屋もパティオ・ビューなのですが、 お…