読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

人間にはセンサーがある。

日曜日のティータイムは、鎌倉プリンスホテルで苺のショートケーキ。もうこれだけ寒いと、春なのに、もう、春なのに、暖炉のシーンも気分にぴったりくる。 スマホで調べものをしていたので、店内をよく見ることもなく、着席。下を向いたまま注文しながら、ふ…

ダイナマイト・レディーたちに会った表参道の夜

一見すると、ホテルのコーヒーショップみたいにみえるここは、表参道の交差点に面したパン屋さん「アンデルセン」の2階レストラン。 この界隈に住んでいた頃は、週末の朝、散歩がてらやってきて、交差点を見下ろしながらのんびり朝食を食べるのが好きだった…

ヴェネツィアの美女に会った後は、どっぷりホテル浴

きょうは母のお供で上野の東京都美術館に「ティツィアーノとヴェネツィア派展」を観に行き、その後は竹芝のインターコンチネンタル東京ベイへ。 20階の東京湾を見渡すクラブラウンジでアフタヌーンティーしてひと休みした後は、1階の「ニューヨークラウン…

ホテル・ニューヨコスカ・ストーリー 

葉山の湘南国際村へ行った話にはまだ続きがある。 chifumimurase.hateblo.jp 湘南国際村から逗子駅へ向かうバスは1時間に1本、これっきり。バス停で逗子駅行きのバス待ちをしてたら「汐入行き」というバスが来た。 汐入ってどこだろ? そういえばレストラ…

母、84才にして立つ。

氷川丸、1930年生まれの87才。 母、1933年生まれの84才。 「ほとんどおんなじ年だね」 と港にすっくと立つ母、すこぶる元気。空も快晴。 chifumimurase.hateblo.jp あれから1年、母の「雑踏好き」もあいかわらずだ。 母いわく、 雑踏には「いい…

海を眺め、行く年を思いながら、アフタヌーンティーを

遅いランチがわりにロビーラウンジでアフタヌーンティー。 生まれたばかりの赤ちゃんとあらゆる組み合わせで記念撮影している三世代ファミリー。 慣れたようすで寛いでいる年配夫婦のところに「いつもありがとうございます」と足早に挨拶にやってくるホテル…

銀座で、ホテルのコーヒーショップになってもらいたいカフェ。

銀座伊東屋の12階にある「Cafe STYLO」でひとりお茶。 天井が高く開放感があり、最近、世界各地でよく見かける”ライフスタイルホテル”を称する、手頃なお値段で若者受けするスタイリッシュ系ホテルのロビーラウンジかコーヒーショップのような雰囲気。外国人…

83才の母がみたオークラのおもてなし

クリスマスパーティーの翌朝は、 オークラの11階の部屋で、 ビルの間を縫うようにのぼってくる朝陽を眺めながら気持ちよい朝を迎えた。 隣のベッドの母83才、「ホテルはやっぱり眺めがいいところだねぇ」と窓辺にはりついて満足げ。 眼下には紅葉した樹…

”ホテルのコーヒーショップ”らしいコーヒーショップとは

渋谷で仕事の打ち合わせ。 となると、いつもわたしが選ぶのは、セルリアンタワー東急のコーヒーショップ「かるめら」。 ”ホテルのコーヒーショップ”らしいところがいい。 で、ホテルのコーヒーショップらしいって、どういうところかというと、 ・その街の空…

シルバーウェアがあるホテルシーン

わたしがホテルシーンのなかで特に好きなもののひとつに、くもりひとつなく磨き上げられたシルバーウェアがあるシーンがある。 昼下がりのティータイム。天井が高く、ゆったりしたテーブル間隔のラウンジで、無駄のない動きのウェイター(ウェイトレス)が、…

食べると幸せになれる「フレッシュ桃のピーチ・メルバ」

ホテルオークラ東京のコーヒーショップ「カメリア」で先日食べたこの味が今だに忘れられない。これを食べるためだけ、それだけのために、またぜひ、否、絶対に行こうと思ってます、わたし。 いわゆる普通の「ピーチ・メルバ」は桃をコンポートにする。それは…

83才の母が「居心地がいい」とくつろぐホテル

ほっとくと、どこでもすぐにくつろぐ母、83才。 初めて訪れた「ホテルオークラ東京」に到着3分後、すでにロビーですっかりくつろいでいる。 きょうはこちらのホテルで開催中の展覧会 ↓ を観にやってきた。 ランチはチャイニーズの「桃花林」で。8月限定…

83才にして立った母は、かく語りき。

83才の母と銀座でお買い物の際、ランチをどこで食べるか、これがけっこう問題である。なにしろ、うるさい。 料理はもちろんのこと、店の雰囲気、客層、接客サービス、すべてについて文句が多い。そう言ったら、「文句ではない。意見を述べているだけ」だと。…

おなじものを見ても、ちがうものを見ている

みんな関心があるものはちがう。 だから、おなじものを見ていても、ちがうものを見ている。 皇居に桜を観に行った帰り、パレスホテルのロビーラウンジでお茶。 混んでいたため、案内係のスタッフがいくつかのオプションをてきぱきと提案してくれ、眺めのいい…

ホテルジャンキーにばったり遭遇した渋谷の夜

きのうは渋谷の「セルリアンタワー東急ホテル」のコーヒーショップ「かるめら」でコーヒータイム。大好物のローラン・ジャナンのケーキ「イゾセル」、いつもながら美味しかったぁ。 ローラン・ジャナンは、ホテルを舞台に活躍してきたパティシエのひとりで、…