hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

ホテルのサービス

やってみました、ホテルで謎解き「ポケモンホテルアドベンチャー」

なんでも実際にやってみないとわからない。 そこで、やってみました 「ポケモンホテルアドベンチャー」! 「ペニンシュラ東京」で宿泊ゲストの子ども向けにやっているホテルの館内を舞台に謎解きするゲームで、対象は5才〜10才の子ども。 「そうですねぇ .…

トランプ大統領がメラニア夫人と泊まっている部屋

今回、トランプ大統領がメラニア夫人が泊まっている部屋は たぶん、上の写真の部屋「ライト・スイート」ではありません。 一般には非公開となっている国賓専用の特別スイートで、広さは500平米ほどあるそうです。 世界のお金持ち国として知られるブルネイ…

日曜の朝は台風を眺めながらサンデーブランチ

世の中にはいろいろな人がいる。 台風だから出かけるのをやめる人もいれば 台風でも出かけよう、 さらには、台風だから見たい、出かけたい!という人もいる。 わたしがそのどれに属するかはともかくとして、 史上最大級の台風が関東に接近中の日曜日の朝は …

グルメの会@フィリップ・ミル(番外編)〜男が男っぷりをあげるとき

きのう「グルメの会」に向かう途中、メンバーの小泉秀夫さんからメールが届いた。 「いま新橋の第一ホテルです。地階の理容室で髭剃りとシャンプーをして貰い、男っぷりを上げて参加します」 いいねぇ、いいねぇ、こういうの、わたし大好きです。 ちょっとい…

ホテルの wifi 使ってロシアの罠にはまったらしい西側政府関係者たち

ホテルの wifi はダダ漏れです、 とは話にはよく聞いていても なんたって無料だしぃ、 まあ、たいした機密情報扱ってる訳じゃないしぃ、と ご愛用の方も多いと思う。 ホテルの方も「 wifi 無料 」をセールス文句にしているところも多い。 が、しかし、 8月…

極意はプラスするのではなくマイナスすること

遅れて届いたミケランジェロの彫刻1点だけを観に 「レオナルド X ミケランジェロ展」に再び行ってきた。 同じものを見ても人が感じることはそれぞれで 感に堪えない様子でじっと見入っている方もいれば 「このイエスはちょっと太りすぎじゃないかしらね?」…

3日目の朝食のおかわりのコーヒーは 〜「@香港の会」(5)

同じホテルに泊まっている古谷さんと早朝公園散歩に行く予定が雨で中止。 そこで、朝ごはんをご一緒することにした。 昨夜は私坊菜(シェフのプライベート・キッチン)で 辛い辛い辛い四川料理を食べたため 朝ごはんはやさしいお粥に。 ほかのお粥の倍近いお…

英国のキャサリン妃の妹が嫁いだ家はホテルのオーナー

英国のキャサリン妃の妹ピッパ・ミドルトン嬢は 今年の5月にジェイムズ・マシューズ氏と結婚したが 彼女の義理の両親となったデイヴィッド&ジェイン・マシューズ夫婦は カリブ海のセント・バーツ島にある 有名ホテル『エデン・ロック』のオーナーである。 …

ホテルからルームキィーがなくなる日

ホテルのルームキィーが ずしりと重く大きなものから 持ち歩けるほど軽く小さなものになり 薄いプラスティックのカードキィーになり ただかざすだけでよくなった今、 次は スマホがルームキィーがわり というのがホテル界の新しい潮流だ。 ヒルトンホテルズ…

新宿で昼下がり、静かにふつうにお茶できるホテルって

新宿で仕事の打ち合わせをすることになり さぁて、場所はどこにしようか?と悩む。 なにしろ昼下がりの時間帯、 界隈のホテルのティーラウンジはどこもいっぱいだ。 並んで席待ちするわけにもいかないし。 うーん ..... と考えた末、 「京王プラザホテル」4…

闘う女ホテリエたち

いまから5年前の小誌「ホテルジャンキーズ」Vol.93 の特集記事だ。 4人の女ホテリエたちの 晴れやかで、しなやかで、力強い笑顔が印象的だった。 今朝の日経新聞に掲載された記事を見て 5年前に取材したときのことが思い出された。 子どもたちが コック帽…

アマン東京 その「お客を選ばないホテル」の行く末を憂う

日曜日の朝は、ホテルジャンキーズクラブの恒例の朝食会「ブレックファストミーティング」通称 "BFM" で大手町の「アマン東京」へ。 「アマン東京」にはイタリアンレストランもあるが、こちらは店内に入ってしまうと、これといってアマンらしさは感じられな…

お金をかけずとも、お客が喜ぶちょっとしたこと

先日、母とランチした銀座の「ダロワイヨ」。 「コレ、洒落てるね」 母が喜んだのは、ペーパーナプキンのセッティングの仕方。 コレ、別に放り投げていったのでもなんでもなく(しつこいようですが、84才の母はパレスホテル東京のラウンジでナプキンを放り…

迫力あるホテルに出会いたい

ひとに何かを伝えようとするときにたいせつなのは、気合と迫力。 それをしみじみと実感したのは、パリの紙屋さんでのこと。 ものすごい早口のフランス語でまくしたてられる、そこの紙のスゴさについて。 よくはわからないが、なんだかとてもとてもスゴイもの…

人間にはセンサーがある。

日曜日のティータイムは、鎌倉プリンスホテルで苺のショートケーキ。もうこれだけ寒いと、春なのに、もう、春なのに、暖炉のシーンも気分にぴったりくる。 スマホで調べものをしていたので、店内をよく見ることもなく、着席。下を向いたまま注文しながら、ふ…

"じゃまにならない"サ-ビス

日曜の朝は「グランドハイアット東京」の「フレンチ・キッチン」でホテルジャンキーズクラブのブレックファスト・ミーティング、通称BFM。 わたしはランチの約束があるので、きょうはちょっと軽めにと思い、ビュッフェをやめて「パリジャン・ブレックファス…

一日中、巡り巡り、そして、伊勢丹のトイレで考えたこと。

きのうの朝は、鎌倉別荘地研究会に参加(上の写真は会場近くの御成小学校です)。地元の郷土史家の島本千也さんが主宰している研究会で、わたしも昨年から仲間に入れていただいている。 chifumimurase.hateblo.jp 毎回、いろいろな分野の講師の方がみえるの…

ホテルで目覚める朝

夜明けのシーンを見るはずが、寝坊して見られず痛恨の母。 東京湾を行き交う船や、ひっきりなしに通る電車、レインボーブリッジや高速道路を走る車を眺めながら、クラブラウンジで朝食を食べ、 「朝だーっ!て感じだね」 今回は、12階のレギュラーフロアの…

母、84才にして立つ。

氷川丸、1930年生まれの87才。 母、1933年生まれの84才。 「ほとんどおんなじ年だね」 と港にすっくと立つ母、すこぶる元気。空も快晴。 chifumimurase.hateblo.jp あれから1年、母の「雑踏好き」もあいかわらずだ。 母いわく、 雑踏には「いい…

「カジュアル」と粗雑、「フレンドリー」と馴れ馴れしい、その大きな誤解

トランプ大統領誕生のおかげで、何度も映しだされるニューヨークのトランプタワー界隈。そういえば、あの近くにすごくシックなグリーク・レストランがあったっけ、と思い出し、 久しぶりにギリシャ料理が食べたくなった。 そこで、昨年オープンしたばかりの…

こんなホテルがあったらいいのに…と思う銀座のレストラン

きょうは名古屋マリオットアソシアホテルの前GM(総支配人)の太田範義さんと chifumimurase.hateblo.jp 銀座の「南蛮銀圓亭」でランチ。 事前にメールで「スマート・カジュアルで」とドレスコードを確認しあったのだが、なんと、ふたりの格好が色もスタイル…

実はわたし、「お・も・て・な・し」が苦手です。

先日行ったレストランで、サービススタッフが尋ねもしないことを次から次へと語って止まず、そういうのを望んでなかったわたしは早くやることだけやって去ってほしいと切に願って目で訴えたつもりだったが、願い届かず最後まで続き、疲れて帰ってきた。 こう…

「こういう時は、何もしないのがサービスだ」

深夜の都心のシティホテル、コーヒーショップでのこと。 弁護士が、険悪な表情の夫婦とともにテーブルについた。 弁護士からの依頼で、ケーキにはフォークではなくスプーンが添えられた。 離婚協議中らしく、まもなく夫婦間での激しい応酬が始まり、言い合い…

銀座で、ホテルのコーヒーショップになってもらいたいカフェ。

銀座伊東屋の12階にある「Cafe STYLO」でひとりお茶。 天井が高く開放感があり、最近、世界各地でよく見かける”ライフスタイルホテル”を称する、手頃なお値段で若者受けするスタイリッシュ系ホテルのロビーラウンジかコーヒーショップのような雰囲気。外国人…

83才の母がみたオークラのおもてなし

クリスマスパーティーの翌朝は、 オークラの11階の部屋で、 ビルの間を縫うようにのぼってくる朝陽を眺めながら気持ちよい朝を迎えた。 隣のベッドの母83才、「ホテルはやっぱり眺めがいいところだねぇ」と窓辺にはりついて満足げ。 眼下には紅葉した樹…

ターンダウン。さあ、お楽しみはこれからだ!

「ココア、ありますか?」 「ココアはないけれど、チョコレートと生クリームとミルクがあるので、作れます」 Goodman Coffee でつくってもらったココア、美味しかった! チョコレートはフランスのヴァローナのものを使っているとのこと。 美味しいはずです。…