読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

(続)ウォルドルフ=アストリア・ホテルが… 

昨日の記事 ウォルドルフ=アストリア・ホテルが…またまた安邦保険集団が…。 の続報です。 《ホテルの客室の the majority of the hotel's rooms (大部分)はコンドミニアムにして分譲…》の「大部分」とは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、1,1…

ウォルドルフ=アストリア・ホテルが…またまた安邦保険集団が…。

ウォルドルフ=アストリア・ホテルといえばアメリカを代表する名門ホテルで、アメリカの歴代大統領のニューヨークの定宿だった、あの日までは…。そう、中国企業の安邦保険集団(鄧小平の孫娘の夫が率いる中国企業)が昨年、ヒルトンから買収するまでは。 なに…

トランプがワシントンのホテル開業を2年早めた理由

アメリカ大統領選挙でもしかしたら…という状況になってきたトランプが、今いったい何を考えているのか。それを知る参考になるかもしれないのが、彼のホテル「トランプ・インターナショナル・ワシントンD・C・」だ。当初の開業予定より2年早まって、今年の9…

アマンの新オーナー、ドローニンの次なる野望

アマンリゾーツをゼッカから奪った男(ゼッカ側から言えばですけど)としてホテル界に名を知らしめたロシア人”富豪”のドローニン。 今や、ウォールストリート・ジャーナル紙でアメリカンドリームを成し遂げた人物の写真として典型的な構図(下界を眼下にのぞ…

ロンドンのコンシエルジュ・町田徹さんが「情熱大陸」に出ます!

情報誌「ホテルジャンキーズ」の読者の方にはおなじみの、ロンドンでコンシエルジュとして活躍する町田徹さんより、こんなメールが届きました。 【来週日曜日の「情熱大陸」で取り上げられることになりました。時間があったら是非みてください。予告編はこち…

NY トライベッカのお寿司屋さん

ニューヨークのトライベッカでお寿司を食べた。 「グリニッジ・ホテル」に滞在中、「SHIBUI SPA しぶいスパ」に午後予約を入れていたのでランチは軽くお寿司でも食べようと、ホテルのレセプショニストに「この近くでどこかおいしいお寿司屋さんはない?」と…

海航集団、次のターゲットはヴァージン・グループ

先日来、本ブログで記事を書いている海航集団、 ジョージ・ソロスを落とした男。 私の「気になる男リスト」 次のターゲットはリチャード・ブランソン率いるヴァージン・グループ。 同グループの業績低迷中のオーストラリア法人、ヴァージン・オーストラリア…

私の「気になる男リスト」

昔から気になることがあると、気になって気になって仕方がない。 そのせいか関連するものがどんどん目に飛び込んでくる。 先日訪れたニューヨークでのこと。トライベッカから6番街をアップタウンに向けて走るタクシーの窓から何気なく外を見ると、白いビル…

カレーはフォークで食べるか、それともスプーンで食べるか?

きのう、カレーの記事を書いた後で思い出したことがある。 カレーに添えて出されるカトラリーは、日本のホテルの場合、フォークとスプーンの2本であることが多い。 以前、帝国ホテルの副総支配人の犬丸さんとお話していたときに、何かの拍子にカレーの食べ…

ニューヨークの定宿はココに決定!

ロバート・デニーロがオーナーの「グリニッジ・ホテル The Greenwich Hotel 」。 ニューヨークの定宿はココに決定です! ホテル選びに延々と迷いに迷った甲斐がありました。 マンハッタンでは贅沢なパティオがあり、 部屋もパティオ・ビューなのですが、 お…

ジョージ・ソロスを落とした男。

「私に出資しないか?」 今から21年前、ひとりの中国人の男がニューヨークに乗り込み、こう話しかけた相手は、ジョージ・ソロス。この男を見込んだソロスは2500万ドル(約25億円)の投資を決めた。 「この男」とは、海航集団の創業者のチェン・フェン氏。現…

スターウッドとマリオット、それぞれの企業柄は?

先日、マリオットのスターウッド買収に関する記事 【スターウッド買収、これから戦いが始まる人たち。】で、 《両社で働くスタッフたちにとっては、これからが戦いの始まりだ。事態が自分にとって良い方に転がる人もいれば、そうでない人も。カルチャーが異…

ホテル王をねらう男達の「借景」効果

米サンディエゴにある名門「ホテル・デル・コロナード」。 スターウッド買収をねらった安邦保険の呉小暉、ミスター・ウー。アマンリゾーツを手中におさめたロシア人のウラジミール・ドローニン。 この二人は私がいまホテル界で注目している男たちである。 ま…

スターウッド買収をあきらめた安邦保険集団の謎

おとといの記事「二転三転四転…スターウッドの買収にこだわるチャイナマネーの謎」の続報です。 いやはや、もう何がなんだかよくわからないというのが正直なところ。あんなに執着してたのに、いったい何があったのか? スターウッドの買収に執拗にこだわって…

二転三転四転…スターウッドの買収にこだわるチャイナマネーの謎

投資家向け情報ページでマリオットと中国安邦保険集団からの買収提案を伝えるスターウッドの公式サイトより。 先日、「すったもんだがありました…マリオットのスターウッド買収決定!」のタイトルで、スターウッドの買収劇について書いたが、事態は三転四転…

NYの名門「ザ・プラザ」が競売に…が一転、さてどうなるやら。

名門ホテルは、そのブランドだけで狙われる。 セントラルパークに面したロケーションにあり、「プラザ合意」の舞台にもなった「ザ・プラザ」もそのひとつ。 このホテルが4月26日に競売にかけられることになった…と昨日途中まで書きかけていたら、今度は一…

アマンリゾーツ争奪戦、ゼッカが完敗!その負けたお相手は…

(小誌「ホテルジャンキーズ」105号記事より) アマンリゾーツを巡り、いや取ったの取られたの、奪還だぁ! そっちこそ詐欺だぜ! と一昨年から騒動が続いていたが、先日、ロンドンの裁判所で最終結論が出た。 ゼッカーの完敗。 日本円で約20億円のお支払…

桐山秀樹さんとのこと

桐山秀樹さんが亡くなられた。 東京の定宿のホテルに滞在中のことだったそうだ。 桐山さんのお名前を知ったのは、「オール讀物」で長期連載されていたコラム「ほてる千夜一夜」だった。ホテルをテーマにした自由な切り口のコラムで、いつも楽しみに読ませて…

イアン・シュレイガーが目をうるませた日

ホテルには「表」と「裏」の世界があり、まったくの別世界である。 ゲストを迎える「表」の世界とバックヤードの「裏」の世界を隔てるのはドア一枚だが、このドアの横の壁に鏡があり、 「You are going on stage. Are you ready? これから舞台に上がる準備は…

我が愛する戦利品と男たち

シンガポールに着いてから、旧正月であることに気づいた。チャイナタウンはいつもに増してカラフルで、通りの店先には赤や黄色の飾りが踊っている。 赤地に黄色の文字で「招福」と書いた紙の小旗が気に入り、買いたいとおもって探したのだが、みつからない。…

奇人・変人・独裁者は大歓迎!

ハワイのラナイ島に「フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ」が先日オープンした。元「フォーシーズンズ・リゾート・ラナイ ザ・マネレ・ベイ」を昨年6月より改装し、名前を変えた。 その栄えあるオープニングレセプションで、フォーシーズンズホテルズ&リ…