hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

集まり

日曜日はクロックムッシューのブランチで始まり、チェリーパフェを横目で見て

10時すぎの銀座はほとんどのお店が開店前。 なのに、けっこうな人出な日曜日です。 きょうは「和光ティーサロン」でホテルジャンキーズクラブの朝食会、通称BFM。 ”ああ、ここがホテルのコーヒーショップだったらいいのに” シリーズです。 わたしはクロッ…

 ああ、きょうも美味しかった! 稲村ヶ崎「虹」初夏の味

昨夜は、わざわざ札幌から母を訪ねてくださった書道家の方たちと 稲村ヶ崎のプライベートレストラン「虹 こう」でお食事会。 昭和の時代、少女たちのスター的存在だったイラストレーターであり、グラフィックデザイナーであり詩人だった 蕗谷虹児のお孫さん…

日曜の朝は、銀座のホテルで朝食を

日曜の朝は、ホテルジャンキーズクラブのホテルで朝食を楽しむ会「ブレックファストミーティング」(通称BFM)。 昨年10月、旧「銀座日航ホテル」跡にオープンした「ホテル ザ セレスティン銀座」 14階にあるレストラン「GINZA CASITA」が舞台ですが、こ…

春爛漫 桜トンネルを通りすぎると そこは「美食の国」だった

「コレを見て 季節はいつですか?」と”お受験”のテストで聞かれたら、 「春ですっ!」 声を大にして元気に答えたい、そんな一品をきのういただいたのは、 鎌倉・稲村ヶ崎の日本料理「虹」。 秋にうかがったときもこんな記事書きましたので お店のご紹介はこ…

「東屋旅館」 かつて文豪たちが愛したこんなホテルが鵠沼海岸にあった

裏門を出ればすぐにビーチがあり、6000坪の敷地にはボート遊びもできる広大なラグーン(池)やテニスコート、広い庭の芝生がある、割烹旅館で料理はうまい、GM(総支配人・女将)は料亭の女中頭だった女性で行き届いたサービス・・・ そんなリゾートホテ…

日曜日のブランチは " ホテルのバー " でステーキ・サンドウィッチ

日曜日のきょうは、ホテルジャンキーズクラブのBFM(ブレックファストミーティング、通称BFM)で、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町へ。 35階にあるラウンジバー「Sky Gallery Lounge Levita」は11時オープン。 以前、こんな記事も書き、 chifumimura…

帝国ホテル東京で、一番冷たい左手をもつ男と一番きれいな手をもつ男

きょうは帝国ホテルのプレス懇親会。 会場に入るなり、パッと目に飛びこんできたのは氷彫刻。 その圧倒的な存在感に「きょうは氷だな」と思わずつぶやいていたら、 「きょうは氷彫刻をつくった者をぜひご紹介したくて」 と広報の池本知恵紀さん。 ホテルのペ…

シェフがブルターニュの賄いで食べた味

きょうは「ストリングス表参道」の「GRILL & BAR DUMBO」のプレス試食会。 いろいろ食べましたが、わたしのきょうのコレ! はコレ ↑ シェフの今関さんがブルターニュのレストランで修行中に賄いで食べたそば粉のクレープをアレンジしたもの。 これ、ホテルの…

日曜の午後はストロベリー・アフタヌーンティー

きのうはホテルジャンキーズクラブのグループ会「ホテル会員の会」の集まりでグランドハイアット東京の「フレンチキッチン」へ。 2、3月限定で開催中のストロベリー・アフタヌーンティーをいただきながら各ホテルチェーンの会員システムについての情報交換…

七里ガ浜にバレエスクールをつくったロシア人のいい目のつけどころ

きょうは朝から「鎌倉別荘地時代研究会」。 ロシア革命により亡命してきて、1927年、七里ガ浜にバレエスクールを開いた「日本のバレエの母」といわれるパヴロバ姉妹のお話を「かまくら女性史の会」の横松佐智子さんにお聞きした。 1919年、ロシア革…

一枚のカーテンの写真が思い出させてくれた時間

フォト・コンチェルトさんのブログ ラオ プラザ ホテル (Lao Plaza Hotel) -ビエンチャン- ほか: フォト・コンチェルト を読んでいて、思わずスーっと一枚の写真に引き込まれた。 数年前のビエンチャン「ラオ プラザ ホテル」の部屋のカーテンの写真。 ( ↑ …

空心菜のアイスクリームとさまざまな疑問

映画を観たあとは、ラジオNIKKEI 常務の阿部さんと銀座で新年会。 おもえば、阿部さんとも長い長ーいおつきあいで、日経新聞の社会部の記者時代からのお友だちです。わたしに Mac の手ほどきをしてくれた"先生"で、今も左手首には iWatch 。日経新聞の神戸支…

「@台北の会」の楽しい楽しい楽しい夜!

今回の台北訪問で楽しみにしていたことのひとつが、ホテルジャンキーズクラブのメンバー・黒田さんのお嬢さん、SHOKOさんとの再会。 実は、SHOKOさん、いま「リージェント台北」でトレイニーとして働いています。 はじめてクラブのクリスマスパーティーでお…

21回目のクリスマスパーティー

きのうはホテルジャンキーズクラブのクリスマスパーティー。 クラブは今年で創立20周年を迎え、クリスマスは21回目。 今年の会場は、目の前に大観覧車が縦に見えるヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの最上階にある「31st」。 今回は同ホテ…

師走のある一日

昨日は朝から「ホテルインターコンチネンタル東京ベイ」へ。 もうすっかりクリスマス仕様になっているロビーで同ホテルの角野さんと会い、 (余談だが、この写真を彼の元上司に送ったら「雅叙園ですか?」と・・・) 朝の東京湾をのぞむクラブラウンジで打ち…

秋色深し。巡り巡ってやっぱりホテルにたどり着く

すっかり秋色深くなった表参道。 こんなふうに ”ホテル”のエントランスをでると目の前が表参道で、 ”ホテル”の前庭にはテラスがあり、ここでお茶でもしたり朝食も・・・ なんていうのだといいのだけれど。 残念。ここはブライダル施設の「ザ・ストリングス表…

表参道、ああ、ここがホテルだったらいいのに・・・。

昨夜はホテルの関係のレセプションで表参道へ。 ちょっと早めについたので表参道をぶらぶら。 かつて当社オフィスがあった原宿駅前の「コープオリンピア」。 「今や昔のさびれ系」で今はもう見る影もないが、1965年に出来た当時は「当時考えられる技術・…

日曜の朝は台風を眺めながらサンデーブランチ

世の中にはいろいろな人がいる。 台風だから出かけるのをやめる人もいれば 台風でも出かけよう、 さらには、台風だから見たい、出かけたい!という人もいる。 わたしがそのどれに属するかはともかくとして、 史上最大級の台風が関東に接近中の日曜日の朝は …

秋うらら いとうららかな 休日かな

「秋ですっ!」 と、もう全身であらわしている感じの力強いお料理をいただいたのは 鎌倉・稲村ガ崎にある日本料理「虹(こう)」。 このなんとも華があり、鮮やかで、一枚の絵のようなお料理を作っているのは 料理長の蕗谷淳さん。 北鎌倉の「鉢の木」の元料…

ホテルは出会い、そして、再会の場

きのうは「インターコンチネンタル東京ベイ」のプレスレセプションへ。 佃シェフと東龍さんのコラボによる新潟の食材を使ったビュッフェの記者会見&試食会です。 佃シェフとも長いおつきあいですが、新しい食材を求めて旅し、常に挑戦し続ける闘うシェフで…

グルメの会@フィリップ・ミル(番外編)〜男が男っぷりをあげるとき

きのう「グルメの会」に向かう途中、メンバーの小泉秀夫さんからメールが届いた。 「いま新橋の第一ホテルです。地階の理容室で髭剃りとシャンプーをして貰い、男っぷりを上げて参加します」 いいねぇ、いいねぇ、こういうの、わたし大好きです。 ちょっとい…

「グルメの会」@フィリップ・ミル(2)

chifumimurase.hateblo.jp の続きです。 「デザートは外のテラスでいかがですか?」 ということで 暑くもなく寒くもない気持ちのいい初秋の陽気のなか テラスでいただいたデザートは チョコレートの下にプラリネのアイスクリームが隠れたパルフェ。 そして、…

「グルメの会」@フィリップ・ミル(1)

きのうはホテルジャンキーズクラブのグループ会の「グルメの会」に参加。 食べることをこよなく愛する人たちが集まったのは 六本木ミッドタウンの「フィリップ・ミル」。 ひらまつ系で、シェフはフィリップ・ミル。ミシュランの二ツ星シェフのお店だ ただい…

雨に唄えば リージェントホテルのレセプション

ここにくる日は 不思議なくらい雨が多くて それも激しい大雨(去年は台風だったし)。 昨夜はリージェント・ホテル・グループのレセプションで 芝の「東京 芝 とうふ屋 うかい」へ。 ホテルのレセプションとしては珍しい場所での開催だが その訳は去年の本ブ…

改めて学んだこと。オーダーする前には忘れずに・・・

日曜日のきのうは ホテルジャンキーズクラブのブレックファストミーティング 通称「BFM」、ホテルで朝食を楽しむ会の会合で 「パレスホテル東京」6階の「ラウンジバー プリヴェ」へ。 今回はサンデーブランチです。 いける口の方々はワインをオーダーし、 …

さまざまな香港、さまざまなホテルジャンキーたち 〜「@香港の会」(7)

わたしが今回泊まった「カオルーンホテル」は 「ペニンシュラ」と通りをはさんでお隣どうし。 「ペニンシュラの裏のホテル」とも言われてるが わたしは昔から「表」も「裏」もどっちも好き。 ペニンシュラのこういう ↓ 洗練されたコロニアルな世界もいいけれ…

3日目の朝食のおかわりのコーヒーは 〜「@香港の会」(5)

同じホテルに泊まっている古谷さんと早朝公園散歩に行く予定が雨で中止。 そこで、朝ごはんをご一緒することにした。 昨夜は私坊菜(シェフのプライベート・キッチン)で 辛い辛い辛い四川料理を食べたため 朝ごはんはやさしいお粥に。 ほかのお粥の倍近いお…

黄油蟹、ただこれを食べるために 〜「@香港の会」(4)

これが噂の黄油蟹、イエロー・バター・クラブ。 食通たちの間では上海蟹より美味しいといわれている蟹です。 真夏の非常に短い期間にしか食べられないうえ、 いつから入荷するかも間際になるまでわからないため 香港観光庁でもなかなかPRできないというしろ…

わたしの香港の朝 その2 〜「@香港の会」(3) 

旧リージェント香港。 今はインターコンチネンタル香港だが、 わたしにとっては今でも「リージェント香港」。 二日目の朝は、ここのロビー・ラウンジで朝食。 香港滞在中、いつ行くかは決めていなかったが 今朝、雨模様の空を見あげた瞬間、 こんな日の、あ…

わたしの香港の朝は 〜「@香港の会」(2)

わたしの香港の朝は、いつもコレで始まる。 それも、高級ホテルのレストランで出すような上品なものではなく、 街の裏通りにあるこういう店の。 早朝便で今朝着いた方とホテルの近くをぶらぶらして見つけたお店で朝食。 地元客がほとんどのようで、 働く店の…