hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

84才の母の「築地ツアー」とリーズナブル感

お盆で、84才の母と築地へ。 「ねぇ、火事あったの、どこ?どこ?」とはやる母を「後でね」と制し、 まずは主目的の築地本願寺へ。 お参りのあともお寺を出るや「ねぇ、火事、どこだったの?」で 「まずエネルギーチャージしてからね」と いつものコースで…

ホテルの wifi 使ってロシアの罠にはまったらしい西側政府関係者たち

ホテルの wifi はダダ漏れです、 とは話にはよく聞いていても なんたって無料だしぃ、 まあ、たいした機密情報扱ってる訳じゃないしぃ、と ご愛用の方も多いと思う。 ホテルの方も「 wifi 無料 」をセールス文句にしているところも多い。 が、しかし、 8月…

たぶんホテルジャンキーではないと思われる マクロン仏大統領の今年のヴァカンスは

今日から夏休みをとるマクロン仏大統領 "quelques jours de vacances en France" 【フランス国内で数日間のヴァカンス】 とのことだが、さて、まず、 フランス人にとっての”数日間”とはどのくらいを指すのか? 来週の火曜日にはディナーのお約束が入っている…

やっぱりホテルジャンキーだったオバマ元大統領が愛したホテル

オバマ元米国大統領は、こういう雰囲気のホテルが好きだったらしい。 オバマ氏って、もしかしてホテルジャンキーでは?という 感触は以前から持っていたが ↓ chifumimurase.hateblo.jp chifumimurase.hateblo.jp オバマ氏が大統領在任中、もっともひんぱんに…

久しぶりのホテルは旧友との再会にも似て

久しぶりに訪れるホテルは 久しぶりに再会する旧友とも似ている。 すごく変わってわからなかったりして。 でも、意外にぜんぜん変わってないかもね。 向かう道すがら、あれやこれやと考える。 しかし、いったんそこに身を置くと 一瞬のうちに、「過去の時間…

勝手に湘南巡りシリーズ 〜 葉山美術館から一色海水浴場

"行かず帰国子女"の異名をもつわたし。 漢字の読みまちがえが多く、大恥をかくこともしばしば。 この方のお名前もずっと「まんてつ・ごろう」と思っていた。 (正しくは よろず・てつごろう です) 週末、葉山の神奈川県立美術館で開催中の展覧会を観に行っ…

ペニンシュラ・ホテルズのオーナー会社の第2位の株主に浮上したのは

ホテル界においては最高級ブランドのひとつ、 「ペニンシュラ・ホテル」のオーナー会社である 「香港上海ホテルズ」。 1886年創業の会社で (A) 50%以上の株を創業家のカードゥリー・ファミリーが 保有していることでも知られているが、 今年に入って…

ネイマールが約290億円の移籍契約サインをしたパリのホテルとは?

FCバルセロナからパリ・サンジェルマンFCへ移籍することになった ネイマール選手。 その移籍金が史上最高額の2億2200万ユーロ(約290億円) ということが巷ではおおいに話題になっているようだが わたしの関心はぜんぜんちがうところにある。 「8月…

さて、「ウォルドルフ=アストリア・ホテル」は今度は、いったい、誰の手に?

「グレイト・アメリカ」のアメリカ国民の皆さん、 ついにチャンスが巡ってきたようです。 アメリカ人にとっては象徴的ホテルでもある ニューヨークの「ウォルドルフ=アストリア・ホテル」を もしかしたら、買い戻せるかも…。 8月1日付のニューヨークタイム…

「なぎさホテル」への旅は、志賀直哉への旅から

逗子にかつてあった「なぎさホテル」への旅をすることに決めたわたしだが、 さて、どこから旅を始めようか。 いつものわたしの旅とおなじように、 頭で考えることをせず 興味のおもむくままに足を向けることにしよう。 「なぎさホテルを偲ぶ会」に参加した際…

極意はプラスするのではなくマイナスすること

遅れて届いたミケランジェロの彫刻1点だけを観に 「レオナルド X ミケランジェロ展」に再び行ってきた。 同じものを見ても人が感じることはそれぞれで 感に堪えない様子でじっと見入っている方もいれば 「このイエスはちょっと太りすぎじゃないかしらね?」…

改めて学んだこと。オーダーする前には忘れずに・・・

日曜日のきのうは ホテルジャンキーズクラブのブレックファストミーティング 通称「BFM」、ホテルで朝食を楽しむ会の会合で 「パレスホテル東京」6階の「ラウンジバー プリヴェ」へ。 今回はサンデーブランチです。 いける口の方々はワインをオーダーし、 …

ロンドンに「ノブ・ホテル」をオープンした松久信幸氏にとってのホテルとは

7月12日付のニューヨークタイムズ紙に 俳優でありNYの「グリニッジ・ホテル」のオーナーでもあるロバート・デ・ニーロ氏と、彼のビジネスパートナーで寿司職人からホテリエになったノブ・マツヒサ、こと松久信幸氏が、ホテルについておおいに語り合うとい…

勝手に湘南巡り「佐島マリーナ」リターンマッチ編 (3)

夜明けの佐島港。 錨をあげてもやいを解き、漁に出ていく船。 その間を大型船に人や物を運ぶ小舟が忙しく行き交う。 港がもっとも活気づく時だ。 朝陽の明るさに誘われて目が覚め 「佐島マリーナ&ホテル」の角部屋のバルコニーに出ると 息をのむような黄金…

勝手に湘南巡り「佐島マリーナ」リターンマッチ編 (2)

そもそも 漁港のお仕事時間帯は早朝なので 昼さがりには動きがパタリと止まっている。 天気が良いだけに日差しは強くものすごく暑い。 日陰でボォーっと涼みながらずっと考える 「このさびた看板の向こうには何て書いてあるんだろう?」 帰りがけにのぞいて…

勝手に湘南巡り「佐島マリーナ」リターンマッチ編(1)

早朝、江ノ電の車窓から眺めた海が あんまりにもきれいだったから。 こんなきれいな海の日は そうだ 佐島 行こう! 急きょ、その日の予定を変更し佐島に行くことに決めた。 佐島には一度チャレンジしたのだが 雨に打たれ、あえなく撤退した経験がある。 chif…

ジャレド・クシュナー氏が駐米ロシア大使と会ったワシントンのホテル

ホテルには、そこに一瞬でも身を置いた人たちの 魂のかけらが残っている。 なんていうとちょっとこわいけれど わたしはそう信じている。 さて、いまアメリカで話題の人物、ジャレド・クシュナー氏。 トランプ大統領の娘の夫であり大統領上級顧問という側近だ…

逗子「なぎさホテル」への旅に出ることにしました。

逗子をこれまでと違う角度でみてみたいと思い新逗子エリアへ。 田越川を見下ろすイタリアンレストラン「Cafe Prato」でランチ。 川沿いのビルの1、2階にあるカジュアルなお店だ。 お料理は美味しいのだが、テーブルが小さすぎるのとお盆に皿などをのせたま…

モモは心を酔わせるの

ただコレを食べるためだけに 昨日のクラクラするような猛暑のなか、 やってきました「ホテルオークラ東京」の「カメリア」へ。 去年はじめて食べて、その美味しさに魅了された 「フレッシュ桃のピーチメルバ」を食べるため、ただそれだけのため。 chifumimur…

アメリカ国連大使の公邸があるホテルについての私的考察

こっちの方が帰宅時にドアマンから 「お帰りなさいませ、大使閣下」と言われるとき アメリカの ”国連大使” であることを実感できるかも…。 とわたしが勝手に思ったのは 「インターコンチネンタル・ニューヨーク・バークレイ」。 6/30付の本ブログ記事 ↓ chif…

香港エアポートで目撃したチャイニーズ・ママのムチとアメ

香港エアポートのカフェで。 隣席はカナダから夏休みで香港に里帰りし、帰国する中国人ファミリー。 3人兄弟の末っ子の娘(2才くらい)が「やめなさい!」とママが何度言っても聞かず、さっきからストローで悪さをしている。 ついにママ、ブチ切れ。 「わか…

さまざまな香港、さまざまなホテルジャンキーたち 〜「@香港の会」(7)

わたしが今回泊まった「カオルーンホテル」は 「ペニンシュラ」と通りをはさんでお隣どうし。 「ペニンシュラの裏のホテル」とも言われてるが わたしは昔から「表」も「裏」もどっちも好き。 ペニンシュラのこういう ↓ 洗練されたコロニアルな世界もいいけれ…

3日目の朝食の後は、ふと九龍を見おろしたくなって 〜「@香港の会」(6)

この日は「@会」参加のみなさんは帰国日。 朝食をご一緒した古谷さんと「YMCA」で別れ、 さぁて、どこ行こうかなぁ、なにしようかなぁ・・・ なんにも決めてない旅先のまっしろな時間。 そんな自由な時間がわたしは大好きだ。 前日、セントラルの私房菜で四…

3日目の朝食のおかわりのコーヒーは 〜「@香港の会」(5)

同じホテルに泊まっている古谷さんと早朝公園散歩に行く予定が雨で中止。 そこで、朝ごはんをご一緒することにした。 昨夜は私坊菜(シェフのプライベート・キッチン)で 辛い辛い辛い四川料理を食べたため 朝ごはんはやさしいお粥に。 ほかのお粥の倍近いお…

黄油蟹、ただこれを食べるために 〜「@香港の会」(4)

これが噂の黄油蟹、イエロー・バター・クラブ。 食通たちの間では上海蟹より美味しいといわれている蟹です。 真夏の非常に短い期間にしか食べられないうえ、 いつから入荷するかも間際になるまでわからないため 香港観光庁でもなかなかPRできないというしろ…

わたしの香港の朝 その2 〜「@香港の会」(3) 

旧リージェント香港。 今はインターコンチネンタル香港だが、 わたしにとっては今でも「リージェント香港」。 二日目の朝は、ここのロビー・ラウンジで朝食。 香港滞在中、いつ行くかは決めていなかったが 今朝、雨模様の空を見あげた瞬間、 こんな日の、あ…

わたしの香港の朝は 〜「@香港の会」(2)

わたしの香港の朝は、いつもコレで始まる。 それも、高級ホテルのレストランで出すような上品なものではなく、 街の裏通りにあるこういう店の。 早朝便で今朝着いた方とホテルの近くをぶらぶらして見つけたお店で朝食。 地元客がほとんどのようで、 働く店の…

散っては集まり、集まってはまた散って 〜「@香港の会」(1)

今朝の「ホテル窓の眺め」です。 成田から飛んでやってきたここは、香港。 ペニンシュラの裏にあるこのホテル「ザ カオルーンホテル」は かつてはペニンシュラの経営だったホテルだが 出張のビジネスマンたちが多く 観光とはまたひと味ちがった空気感があり …

みなさん気分はすでに旅先へ (成田空港ターミナルにて)

成田空港のコーヒーショップ。 男性のみなさんたち、帽子かぶったままで朝食中の方が多い。 気分はすでに旅先の真っ青な空と照りつける太陽の南国へ。 奥のご老人ふたり連れ。 「わしゃ、バンコクはもう飽きたがな、どっかいいとこないかねぇ」 「シンガポー…

昔のまんまで出てます・・・名前は変えましたが。

今朝の「ホテル窓の眺め」 きょうから旅に出ます。 昨晩は成田空港近くの「成田エクセルホテル東急」に泊まった。 ロビーはまあ、いまどきのホテルっぽい。 が、しかし、 部屋に入った瞬間、言葉を失った。 そこにあるのは昭和の時間。 昔のまんまで出てます…