読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

こんな私に誰がした?

 

f:id:chifumimurase:20160307155957j:plain

きょうは朝からものすごい大雨。

江ノ電の最後尾、通称 "鉄オタク指定席"に座り、どうして外回りの用事がある日に限って大雨なんだろうと思う。

わたしは「雨女」だ(と、いばって言うことでもないが)。

ホテルジャンキーズクラブのイベント日には非常にしばしば、雨を降らせてきた。

第一回例会の開催日は4月の雪、プールサイドパーティーの日は台風直撃させた。先日のブレックファストミーティングの朝も暴風雨(ただの雨ではない)。メンバーのみなさん、ほんとうにごめんなさい。

海外取材のときは、外回り撮影で太陽光があるかどうかは写真の上がりに左右するので、「晴系」か否か、こうした仕事ではけっこう重要な資質でもある。カメラマンを決める際にも、雑談のふりしながら、さりげなく雨系か晴れ系かをチェックする。

ちなみに、海外取材時には雨季だろうとなんだろうと、いつも晴れに恵まれる。これは私の雨系度が国内限定のものなのか、それとも他に要因があるのかは不明。

 

こんな雨女な私に誰がした?

それは生産元の責任かと。母と外出時の天気は、快晴か暴風雨のどちらか極端。

f:id:chifumimurase:20160307161500j:plain

f:id:chifumimurase:20160307163822j:plain

茅ヶ崎の氷室椿庭園。

商社マンだった方の元個人宅とのことだが、ものすごい種類の椿があってとてもきれい。カメラ元青年と元気な元女子たちでいっぱいですけど。

今は主のない室内がガラス越しに見えるのだが、庭をのぞむ縁側の向こうの絶好のポジションに安楽椅子が置いてあり、ああ、ここで主はいつもミルクティーをたっぷり入れたティーカップ片手に(勝手な想像ですが)庭を眺めていたのだろうな、と。そして、その視線の先には、商社マンとして世界を駆け回っていた現役の頃のシーンがスライドショーのように映っていたのでは…(これまた勝手な想像です)。

 

さて、明日は晴れ?