読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

NYの名門「ザ・プラザ」が競売に…が一転、さてどうなるやら。

アメリカのホテル ホテルの人 ホテル買収 トランプとホテル

 

f:id:chifumimurase:20160329095401j:plain

名門ホテルは、そのブランドだけで狙われる。

セントラルパークに面したロケーションにあり、「プラザ合意」の舞台にもなった「ザ・プラザ」もそのひとつ。

このホテルが4月26日に競売にかけられることになった…と昨日途中まで書きかけていたら、今度は一転、競売はいったん見送りになったとのニュース。

現在、ホテルのオーナーであるインドのサハラ・インディア・パリワール社がホテルを担保にしてお金を借りていた中国銀行から抵当権を買い取ったのが、英国でトップを争う富豪といわれる投資家のデイヴィッド&サイモン・ルーベンスタイン兄弟、通称・ルーベン兄弟。

このふたり、現在70代で、インドのムンバイ生まれだが、イラク・ユダヤ系ファミリー出身の英国人。このイラク・ユダヤ系には、ペニンシュラホテルのオーナーのカドーリ・ファミリー、サッスーン・ファミリーなど、商才に富んだ人が多いと言われている。

 

ザ・プラザは、1907年開業の老舗ホテルとはいうものの、実は2005年にクローズして大規模改装を行った。2008年にリニューアルオープンした際にホテルの客室の一部は残したものの、元客室だった部屋の多くは分譲販売され高級コンドミニアムとなっており、もはや往年の名門ホテルの面影はほとんどない。

何度もオーナーがかわり、日本のバブル期には日本の青木建設がオーナーになったこともあり、その後、1988年にオーナーになったのは、いま、米国大統領選挙で時の人でもあるトランプ氏。私が泊まった時はちょうど彼の最初の妻のイヴァナがGM(総支配人)をやっていた時だったが、部屋の掃除は行き届いてないし、スタッフの規律も緩んでいるしで、なんだか雰囲気、荒んでたのを覚えている。

 

ここでトランプがもう一度、買い手の名乗りを上げたりするとおもしろいのだけれど。さて、どうなるのやら。