読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

スターウッドとマリオット、それぞれの企業柄は?

アメリカのホテル ホテルチェーン ホテル買収 ホテルの人

f:id:chifumimurase:20160421194214j:plain

 

先日、マリオットのスターウッド買収に関する記事

スターウッド買収、これから戦いが始まる人たち。】で、

《両社で働くスタッフたちにとっては、これからが戦いの始まりだ。事態が自分にとって良い方に転がる人もいれば、そうでない人も。カルチャーが異なるホテルチェーンどうしの合併、さて、これからどうなるか。》

こう書いたが、それぞれの企業カルチャーとはどんなものなのだろうか?

ちょうど現在編集中の次号「ホテルジャンキーズ」115号の「しゅういち VS バアサン」の中で、この件を問うバアサンさんの質問に対して、現役ホテリエのしゅういちさんが、こう答えているので、ひと足先にちょっと触りだけご紹介したい。

【私はヒルトンとマリオットの両方を経験しておりますが、ヒルトンは徹底したマニュアル主義できっちりした仕事をしており、社員に対してはシビアでしたが都会的でスマートな雰囲気でした。スターウッド系のホテルも似ております。マリオットは出自が田舎町の居酒屋ということもあるためか、他社に比べ都会的なセンスで劣ります。一方で社員を大切にし、家族的なので居心地が良く離職率が少ない会社です。】

私も同感!

かつて、マリオットのGM(総支配人)が世界各地から集まるGMミーティングを見せていただいたことがあるのだが、会場を埋め尽くしたGMたちがあまりにも同じタイプなのに仰天したことがある。そして、ハゲ率のあまりの高さ…。90%くらいだった記憶がある。

このこととはまったく別のことなのだが(ほんとうです)、以前から気になっていたのが、朝、散歩の際に出会う犬と飼い主がものすごーく似ていること。体型はもちろん、雰囲気もそっくり。

やっぱり似た者どうしの安心感みたいなものがあるのだろうか?