読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

「ひと皮むける」か、「ひと皮むくと」か、それが問題だ。

 

f:id:chifumimurase:20160801160954j:plain

グランドハイアット・ニューヨーク。42丁目に面し、通りをはさんでクライスラービル、隣はグランドセントラル駅という抜群のロケーション。

f:id:chifumimurase:20160801160843j:plain

どこからどう見ても、ゴールドに輝くガラス張りの新しいビルに見える。

かつてこの建物は、老朽化して精彩を欠いたアパートメント・ビルにすぎなかった。その古ぼけた建物を買い、リモデリングし、グランドハイアット・ホテルにしあげたのが、いまや時の人であるドナルド・トランプ氏である。安く買って、価値を上げて、高く売る。これが不動産ビジネスの基本だが、そのお手本のようなものである。

実はこのビル、ゴールドのガラスの外壁を「ひと皮」むくと、昔のまんまの古い建物があらわれる。リモデリングと言っても、古い建物をガラスですっぽり覆うという方式。お金をかけずに手っ取り早く、新しくチェンジしたと思わせたいときに使う方法で、まあ、言ってみれば、古いビルの金メッキ。

 

f:id:chifumimurase:20160624125318j:plain

トランプ氏、「アメリカを再び偉大な国にする」と言っているが、まさかこの方式は取らないでしょうね…。

万万万が一、アメリカ大統領当選の暁には「ひと皮むける」のか、それともこの建物のように「ひと皮むくと」になるのか。それは大いに問題だ。