読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

ブラッド・ピットは良いホテリエになれるか? 

f:id:chifumimurase:20160912120513p:plain

9月6日付の英国紙「The Telegraph テレグラフ」の記事によると 、ハリウッド俳優のブラッド・ピットが、クロアチアの海沿いの街にリゾートをつくろうとしている。

ハリウッド俳優でホテル経営をしている人は、ロバート・デニーロロバート・レッドフォードクリント・イーストウッドをはじめけっこう多い。レオナルド・ディカプリオも昨年、エコツーリズム・リゾートの計画を発表。ホテル好きとしてかねがね知られていたブラッド・ピットもいよいよホテルオーナー・デビューのようだ。

f:id:chifumimurase:20160912123517p:plain

クロアチアアドリア海に面したZablace ザブラーチェに計画されているのは、高級ホテル、分譲ヴィラ、ゴルフコース、レストラン・ショッピングエリアなども含む総合リゾートで、総工費15億ドル。スイスのファンドがすでに7000万ドルの投資を決めたと言われている。

実はブラッド・ピット、2012年にも一度、クロアチアでリゾート開発を計画したことがあり、今回が二度目の挑戦となる。

先日、視察のために現地を訪れた際、ブラッド・ピットが泊まったのは、 シベニクのマリーナ沿いにあるホテル「D- リゾート・シベニク」。

 

f:id:chifumimurase:20160912120524p:plain

f:id:chifumimurase:20160912122931p:plain

 

趣味はインテリアデザインで、かなりの建築好きとしても知られるブラッド・ピットビルバオグッゲンハイム美術館の設計などでも知られる建築家フランク・ゲーリーが大好きだという。妻の女優アンジェリーナ・ジョリーも大のホテルジャンキーとして有名で、世界各地のリゾートに出没しているのが目撃されている。

こんなカップルがつくるリゾートとは、どんなリゾートだろうか?

ブラッド・ピットは良いホテリエになれるのか?

楽しみにウォッチしていきたい。

 

以下、余談。

ブラット・ピットといえば、2011年11月掲載の英国「ザ・テレグラフ」紙のインタビューで、「ホテルのロビーを最後に見たのは15年前だよ。いつだって裏口から入って裏口から出るんだからね」(つまり、有名人だから)と語っていたが、おそらくこれは彼の記憶違いだと思う。

メキシコのロス・カボスに1998年にオープンした「ラス・ヴェンタナス・アル・パライソ」を訪れたとき、スタッフからこんな話を聞いた。

f:id:chifumimurase:20160912110339j:plain

ブラッド・ピットが訪れた際、彼は正面玄関を入ったセミオープンエア・ロビーのすぐ左手にあるレセプションデスクで、ほかのゲストと同じようにチェックイン手続きをしたそうだ。

そのとき、レセプショニスト氏に「お名前を伺えますか?」と尋ねられ、「ブラッド・ピットですが」と名乗ったものの、よく聞き取れなかったレセプショニスト氏に「ブラッド・フー?…何様とおしゃいましたか?」と問い返されたんだそうな。

このレセプショニスト氏、映画事情に疎く、彼の顔も名前も知らなかったそうだが、ブラッド・ピットとしては新鮮な体験だったにちがいない。

ちなみにこのホテル、いわゆるセレブ界ランクでも最高クラスのVIPたちの御用達ホテルで、スター俳優だからといって大きな顔はできないのでも有名。たとえどんなに有名人だろうとも、ほかのゲストと同じように応対し、同じように扱うのがホテルのポリシーだから。

 

f:id:chifumimurase:20160912110441j:plain

f:id:chifumimurase:20160912110533j:plain

f:id:chifumimurase:20160912110504j:plain

ゲストのプライベート・ジェット利用率がきわめて高く、空港からホテルまでの移動はストレッチ・リムジンが【普通】。ヴィラタイプの部屋ではプライベート・シェフ同行のゲストも珍しくはない。パパラッチなどからは厳重に守られているプライバシーが売り物のひとつでもあるので、有名人たちも安心して過ごせる。わたしが滞在中もダイアナ・ロスを何度か見かけたが、通りがかりのわたしにも気軽に挨拶したり、ロビーでリラックスして子どもと遊んでいた。

さて、こういうホテル経験をたくさん積んで、人生いろいろな経験も重ね、人生も後半戦の52才となったブラッド・ビット。

今がちょうど、ホテルのつくり時かもしれない。

 

 

* 写真は上から3点は「D- リゾート・シベニク」、そのほかの写真は「ラス・ヴェンタナス・アル・パライソ」の公式サイトからお借りしました。