読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

トランプ大統領が英国に学ぶべきこと

f:id:chifumimurase:20170124182012p:plain

その日、モスクワのリッツカールトン・ホテルの部屋で何があったのか。

ゴールドがことのほかお好きで、トランプタワーの自邸のインテリアもゴールドが基調、ホワイトハウスの執務室のカーテンもゴールドに替えたというトランプ大統領、モスクワでもゴールドを多用したVIP用の特別スイートにお泊まりだったのだろうか。

f:id:chifumimurase:20170124182446p:plain

英国の諜報機関よりアメリカが知らされた、トランプ氏ロシア滞在時の「機密情報」。

ホテルマンたちは、たとえ知っているとしても、口が裂けても言えまい。

 

かつて七つの海を支配した英国は、さすがにそのあたりは周到である。

グランドハイアット・ソウルに泊まったときにホテルマンに聞いた話だが、

英国のチャールズ皇太子と故ダイアナ妃が、1992年11月に韓国を訪問し、グランドハイアット・ソウルに泊まったときのこと。

f:id:chifumimurase:20170124180835j:plain

その翌月12月には正式に別居生活を発表した皇太子夫妻だが、当時すでにふたりの不仲は公になっており、ホテルマンたちの関心はただひとつ。

ふたりがどこに寝るか。

宿泊した部屋は「プレジデンシャル・スイート」337平米。7室からなるが、ベッドルームは1室のみ。

おおかたのホテルマンたちの予想では、ダイアナ妃がベッドルームを使い、

f:id:chifumimurase:20170124180939p:plain

皇太子はリビングルームのソファで寝る

(ベッドの搬入はなかったそうなので)

f:id:chifumimurase:20170124181015p:plain

…だったそうだ。

英国皇太子、ひとりソファに寝るの図…ちょっと情けないが。

このスイートルーム、バスルームはひとつしかないし、大きなバスタブも甘くはない関係のふたりにとっては、ただ不便なだけだったろう。

f:id:chifumimurase:20170124181125p:plain

皇太子夫妻が到着する数日前には、

英国大使館よりセキュリティー関係者が訪れ、部屋を念入りにチェックしたうえで、以後、誰も出入りできないように出入り口を封鎖、ドア前にはセキュリティを常駐させた。

皇太子夫妻が滞在中は、

部屋の清掃、料理のデリバリーなどもすべて英国関係者が行い、ホテルマンたちは部屋に入ることができなかった。

そして、皇太子夫妻が出発した後、

ホテルマンたちが部屋に入るのを許されたときには、すでに英国関係者が髪の毛一本落ちていないよう、完璧に清掃を行った後。ゴミ箱はもちろん空だし、リネン類もすべて入れ替えられ、好奇心旺盛なスタッフが虫めがねを使って見てみても(笑)、みじんの痕跡も残っていなかったとのこと。

さすがに世界一の諜報機関を持つ国である。

 

トランプ大統領も、そのくらいやっておけばよかったのに…。

いや、でも…もしかして、

トランプ大統領、映画「ゴールド・フィンガー」におおいに学んでいるのかも。

「マスコミの言うことは耳栓をして聴くべし」

 

f:id:chifumimurase:20170124183037j:plain

映画では、

ビートルズは耳栓をして聴くべし」

 

*「リッツカールトン・モスクワ」の写真は同ホテルの公式サイトよりお借りしました。グランドハイアット・ソウルの写真は同ホテルの公式サイトよりお借りしました。