読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

スノーデン氏が香港で泊まったホテル

映画とホテル ホテル選び 香港のホテル 東京のホテル

f:id:chifumimurase:20170130232616p:plain

きょうは青山で打ち合わせをした後、日比谷で映画「スノーデン」を観てきた。

2013年6月、29才の一見ひよわなアメリカ人青年が、世界を揺るがす告発を行った。

彼はただのハッカー青年ではなく、CIAおよびNSAアメリカ国家安全保障局)の局員として諜報活動に従事しており、まさに命をかけた内部告発だった。

その舞台となったのが、香港の九龍尖沙咀にあるホテル「The Mira ザ・ミラ」。

上の写真は、記者のインタビューの前に部屋のカーテンを閉めるスノーデン氏のシーンだが、映画で使われている部屋はこの ↓ シティルームタイプだろうか。

f:id:chifumimurase:20170130235640j:plain

バスルームがガラス張りで丸見えの部屋だ。

いかにも20代のIT系の若者らしいホテル選びにも思えるが、映画でも窓の外を指さして、「CIAオフィスはすぐそこにある」なんて言ってる。CIA勤務時代にでも使っていたホテルなのだろうか。

なぜ、この時、このホテルを選んだのか、もし彼に会う機会があったらぜひ聞いてみたい。

(映画の最後のエンドロールの「 Special thanks to」 のところには別のホテル名が書いてあったので、室内撮影は別のホテルで行ったのかもしれない)

f:id:chifumimurase:20170131000159p:plain

一方、スノーデン氏のインタビューを行った記者たちが泊まっていたのは、「W香港」だったそうだ。

こちらはスノーデン氏が泊まっている「The Mira」からも近い。

f:id:chifumimurase:20170130235759j:plain

f:id:chifumimurase:20170131000234p:plain

 彼らにももし会う機会があったら、なぜこの時、このホテルを選んだのか、ぜひ聞いてみたいものだ。ランガムホテル香港の方が近いのに。

 

映画の後は帝国ホテルの「パークサイドダイナー」で夕食。海老フライカレー、食べました。

f:id:chifumimurase:20170131001218j:plain

 

 

 

*香港のホテルの写真はそれぞれ「The Mira Hong Kong」と「W Hong Kong」の公式サイトからお借りしました。