読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

ウエシマ?

f:id:chifumimurase:20170213170158j:plain

きのう、パリに到着し、サンジェルマン・デプレをぶらぶら歩いていたら、フランス人の品の良いマダムに呼び止められた。

「エクスキュゼズ・モア・マダム」

道に迷ってるので教えてほしいと丁寧な口調で言う。

瞬間的にセンサーが働いて人相風体をチェックすると、知的な雰囲気で良いものを着ている。周囲を見回したが、わたしの関心をひきつけておいて他の誰かがスリ行為におよぶ、という類のものではないようだ。

ちなみにわたしは、なぜかわからないが、日本ではもちろんのこと、世界各地どこに行っても、非常にしばしば道を聞かれる人間である。

わたしもパリに着いたばかりなのだが、ともかく、

「どちらへ行かれたいのですか?」と尋ねると、

「シマへ行きたいのですけれど、どっちの方向に行ったらいいかわからなくて」

は? シマ…シマってどこだろ?

「シマ…ウ・エ・シマ?」

「小さなシマ、ラ・セーヌにある」

セーヌ河にある小さなシマって…ああ! もしかして、それって、

「イル・ドゥ・ラ・シテ?」

「ウィ、ウィ!」とうれしそうに言う。

だったら最初からそう言えばいいのに…。

「ね、それって『シマ』でしょう?」

いかにも日本人らしいわたしに、知っている日本語を使ってみたかっただけなのかどうか、世の中にはほんとうにいろんなひとがいる。