読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

帝国ホテルが「あの頃が華だった」時代

f:id:chifumimurase:20170307111311j:plain

ホテルも人と同じ、「あの頃が華だったよなぁ」という時代がある。

そのホテルがいちばん輝いていた時代。

シンガポールラッフルズホテルが建て替えられ1992年に新生「ラッフルズ」として再オープンしたとき、リニューアルのモデルにしたのは1920〜30年代のこのホテルの黄金時代だっといわれる時代の姿。

f:id:chifumimurase:20170307115335p:plain

 

さて、「帝国ホテル」にとって、それはいつだったのだろうか?

昨夜、毎年恒例のプレスレセプション「メディア関係の皆様との懇親会」が開かれた。

例年とちがっていたのは、旧帝国ホテル本館(ライト館)を設計したフランク・ロイド・ライト尽くしなところ。これでもかというくらいのライト攻め。

まず、招待状 ↓

f:id:chifumimurase:20170307113404j:plain

会場ではバックスクリーンにライト館の姿が大きく映し出され、

f:id:chifumimurase:20170307113706j:plain

ライトがデザインしたコーヒーカップやコーヒーポット、時計などが展示されている(いちばん上の写真)。

おみやげはライトのデザインモチーフが使われたグラスで、その包装箱もライト館。

f:id:chifumimurase:20170307114033j:plain

館内でもライトのデザインモチーフは確かに見られる。

f:id:chifumimurase:20170307115643j:plain

ライト館が一夜限り蘇ったような、まさに、ライト尽くしな夜だった。

f:id:chifumimurase:20170307114240j:plain

しかし、ライト館時代にここにあったであろうと思われる"華"の「時間」は感じられないのだ。足りないものはなんなのだろうか?