読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

才能がある人というのは、そして、春…。

f:id:chifumimurase:20170328091109j:plain

 きのうは、渋谷のBunkamuraへ。

  ↓ コレを観に行ってきた。 

f:id:chifumimurase:20170328091951j:plain

これまでまったく知らなかった絵描きさんだが、実にバリエーション豊富なスタイルの絵を描く人でびっくり。とても同じ人が描いたとは思えない。もう才能があふれんばかりで、次々に体のあちこちから飛び出てきて自分でも抑えられないし、どうしようもないという感じ。こういう人って、いる。

こういう人がつくるホテルを見てみたいと、つくづく思う。

日本の最近のホテルって、なんというか、優等生的で、はみだしたところとか、とんがったところがないので、わたしにはどうもつまらない。

f:id:chifumimurase:20170328091719j:plain

なかには春画コーナーの小部屋があり、たまたまシニアのおじさんと女子高生と3人だけになった。

女子高生は絵でもやっているのか、冷めた目でひとつひとつじっくり観ている。まるで漫画のようなユーモラスな表現がおもしろく、わたしも楽しく鑑賞していた。

そんな静けさのなかに響いた、おじさんのゴックンとつばをのみこむ音…。 

はーるよ、来い。

f:id:chifumimurase:20170328091342j:plain

 Bunkamura には、パリのサンジェルマンデプレにある老舗カフェ「Aux Deux Magots」の支店がある。 

f:id:chifumimurase:20170328091220j:plain

 久しぶりに寄ってティータイム。 

f:id:chifumimurase:20170328091303j:plain

うーん、なんというか、普通のカフェになっちゃった感じ。昔はもっと荒っぽいパリっぽさというか、生のままのフランスが感じられて好きだったのだけれど。どうして日本の空気なんか読んじゃうんだろう。

渋谷の通りでは、もう満開の桜も。

春が来た。