読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

迫力あるホテルに出会いたい

f:id:chifumimurase:20170405105737j:plain

ひとに何かを伝えようとするときにたいせつなのは、気合と迫力。

それをしみじみと実感したのは、パリの紙屋さんでのこと。

ものすごい早口のフランス語でまくしたてられる、そこの紙のスゴさについて。

よくはわからないが、なんだかとてもとてもスゴイものらしいな ...。それだけは感じられた。

f:id:chifumimurase:20170405111355j:plain

マダムが、いかにそこの紙がほかの紙とちがうのかを、熱く、熱く、(わたしにとってはかな〜り)暑く(るしく)、語ったときのこと。鼻がくっつきそうなほどの、かなりの至近距離なのでどうにも逃れられない。

大柄でふくよかな体型、獲物(わたし)をみつけてらんらんと輝きをはなつ目力、日本人より高い体温から放射される熱、レッドの口紅がきっちり塗られた目の前で素早く動いている唇。

ここから出てくる文字は、気合だ! 迫力だ! この2文字のみ。

f:id:chifumimurase:20170405110749j:plain

実はその店、フランスの紙メーカーではなく、イタリアの由緒ある紙メーカーの店なのだが、「ほーら、触ってみて、ちがうでしょ?」「ね、ね、色のね、発色がまったくちがうでしょ?」「もう、ぜーんぜん、ほかの紙とはね、次元がちがうのよ、わかるでしょ?」。こう問われて、ノンとは絶対に言えない。つかんだら放さないマダムの迫力はすごかった。

そんなわけで、どっしりと重い紙製品をあれこれ買い求め、パリから持って帰ることになった。

ちがいがわかるような人でないと、「なんでフランスなのに、イタリアの紙製品なのぉ?」となるので、わかっていただけそうな方だけに差し上げた。

 

思えば、ホテルも同じだ。

ちがいがわかる人にしか、わからないさりげないサービスとかって、けっこう多い。ちがいがわかるお客が来ないと、そこのサービスもすたれてしまう。

それゆえ、ホテルにとっていちばん大切なのは、客層だ、とわたしは思う。

ああ、わたしの心をつかんで放さない「迫力あるホテル」に出会いたい。