読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

映画と桜とプリンの日

f:id:chifumimurase:20170416095353j:plain

きのうは鎌倉で”鎌倉の別荘地時代

研究会”。

鎌倉市川喜田映画記念館の増谷文良さんが、映画のなかの鎌倉 別荘編 を話してくださった。

増谷さんからいつも感じるのは、映画への深い深い愛。

わたしがホテルについて話しているときも、こんな感じなんだろうか。

会のメンバーのおひとりで黒澤組の俳優、加藤茂雄さんも途中からくわわり、黒澤明監督の映画出演時のエピソードなど、そのとき、そこにいた方でなければできないお話を伺うこともできてとても楽しかった。

f:id:chifumimurase:20170415181815j:plain

会の後は母と待ち合わせて桜🌸が満開の鎌倉散歩。

 

f:id:chifumimurase:20170415182046j:plain

川喜田映画記念館の桜🌸がきれいなので歩いていき、今日はここの増谷さんのお話を伺ってきたと母に話していたら、ちょうどもどってきた増谷さんと玄関でばったり。

 

f:id:chifumimurase:20170415182539j:plain

川喜田かしこさんが海外出張の際に泊まられたホテルのステッカーを貼ったトランクが残っているそうなので、いつかじっくり見てみたい。

その人が選んだホテルは、その人を語るから。

母いわく"楽しい雑踏"である休日の鎌倉散歩の後は、昭和の時間漂う西口のカフェロンディーノでお茶。

f:id:chifumimurase:20170415183034j:plain

残念ながらお目当てのプリンは売り切れ。

f:id:chifumimurase:20170416100734j:plain

ないと 思えば思うほど 食べたい プリンかな

頭の中はあれからずっとプリンでいっぱい。