読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

マクロン仏大統領夫妻がヴァカンスをすごしたリゾート

f:id:chifumimurase:20170511104612j:plain

フランス人にとって

ヴァカンスをどこで過ごすかは

大切なテーマのひとつ。

それが「どこ」かによって

お互いに値踏みしているところもある。

 

f:id:chifumimurase:20170511112007p:plain

 さて、

「パリ・マッチ」誌によると、

マクロン氏が妻のブリジットさんとともに

昨年、夏のヴァカンスを過ごしたのは、

フランス南西部のビーチリゾート、

ビアリッツ

スペインとの国境に近い バスク地方

(下の地図の赤いマークのところ)

f:id:chifumimurase:20170511110454p:plain

サルコジ前大統領がヴァカンスをすごした

地中海のコートダジュールほど華やかさはないが、

ここには、

ナポレオン3世の皇后ウジェニーの

夏の別荘として1854年に建てられた後、1893年にホテルとなり、

前世紀には英国をはじめ各国の王族たちも定宿とした

名門ホテル「オテル・デュ・パレ」がある。

f:id:chifumimurase:20170511103728j:plain

f:id:chifumimurase:20170511105451j:plain 

f:id:chifumimurase:20170511102519j:plain

もっとも、

マクロン夫妻が泊まったのはここではなく、

ブリジット夫人の実家が所有する別荘だったよう。

ちなみに、夫人の実家トロニュー家は、お金持ち。

ふたりの地元、フランス北部アミアン

カロンで有名なチョコレート菓子製造会社を経営している。

 

さて、冬休みだが、

どこで過ごしたのだろうか?

ふたりそろってブルージーンズに黒のトップスで

スキー場をバックに写っている写真を調べてみたら、

ピレネ山脈のスキーリゾート

ラ・モンジ

f:id:chifumimurase:20170511111440j:plain

スペイン国境に近く

こちらもアルプスの高級スキーリゾートのような華やぎはないが

ブリジット夫人の実家の別荘にも近く、

アルプスよりも近いこちらの方がなじみがあるのかも。

 

そして、クリスマス休暇。

ふたりがラブラブの姿をパパラッチされたのは、

ポルトガルリスボン

このふたりだったら、たぶん訪れただろうなぁとおもったのは

1905年創業のリスボンのカフェ「a brasileira」。

文化人・知識人が集う老舗カフェだ。

f:id:chifumimurase:20170511111550j:plain

ブリジット夫人が「まいった」のは、彼の知性だったそうなので。

 

ついでに、もうひとつ。

第1回投票直後にマクロン氏が

《パリの高級レストランで祝勝パーティーを開いたことで批判を浴びた》

と報道されたレストランとは、
パリ左岸の「 ラ・ロトンド」。

かつて文化人たちに愛された老舗ではあるけれど

高級レストランというより、カジュアルなブラッスリーかカフェ。 

サルコジ前大統領が同じく祝勝パーティーで批判を浴びた

シャンゼリゼの「フーケッツ」に比べると

華やぎは欠きます…やはり。

 

 *ホテルの写真はすべて「Hotel du Palais」の公式サイトよりお借りしました。