読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

世の中せまいと言うけれど

f:id:chifumimurase:20170519130003p:plain

f:id:chifumimurase:20170519125800p:plain

「役得歓迎! 24時間営業」

「ここでトランプに賄賂を払ってね」

などと映写されたワシントンのトランプホテル。

 

世の中せまいと言うけれど

いったい、どこがどこと、どうつながっているのやら…。

 

サルコジ元仏大統領が

大手ホテルチェーンのアコーホテルズの

社外取締役に就任したことは

5/17付の本ブログでも書いたが ↓

chifumimurase.hateblo.jp

サルコジ氏を同社に招きいれたのが

セバスチャン・バザン氏、55才。フランス人である。

f:id:chifumimurase:20170517140326p:plain

アマンリゾーツの現オーナー(ついつい「現」を付けてしまうのは、これまでも頻繁にオーナーがかわったから)のドローニン氏とは同年代。

アコーホテルズの会長&CEOになったのは2013年8月のこと。

同年11月にはホテル運営と投資の2部門制を採用。

2015年7月に米仏など6カ国とイランとの間で核合意がなされるや

9月に今後のビジネス客需要を見込んで

西側ホテルグループとしては初のイラン進出。

12月にフェアモント・ラッフルズ・ホテルズ・インターナショナル(FRHI)の買収を発表。

2016年には民泊マーケットの将来性をみこんで

イギリスの高級民泊仲介サイト会社を買収。

 

なかなか目端がきき、決断力、行動力があるお方のよう。

ただ者ではないと思われる。

 興味が湧いてその前の経歴を追って調べてみた。

 

ソルボンヌ大学MBAを取得後、

1997年、不動産投資会社のコロニー・キャビタル社に入社、

コロニー・キャピタルのヨーロッパ支社の総責任者をつとめた、とある。

また、一時、サッカービジネスにも深く関わったことがあり

2006年、パリ・サン=ジェルマンFCの株主となった同社から派遣され

2009年からは同チームの代表もつとめた。

 

f:id:chifumimurase:20170517145607j:plain

 

さて、わたしが気になって、気になって、気になってたのは、

このコロニー・キャピタルという会社。

創業者のエイドリアン・ゼッカーに替わって

一時、アマンリゾーツのオーナーとなったのが

同社会長のトーマス・J・バラック氏。

本ブログにもすでに登場済みである ↓

 

chifumimurase.hateblo.jp

 

アコーホテルズが2015年に買収した

ラッフルズとフェアモントも

そもそもはコロニー・キャピタル社が2006年に

サウジアラビアのアル・ワリード王子と共同で買収したもの。

  

そして、もうひとつ。

トーマス・J・バラック氏といえば、

《トランプ支持者の大富豪3人衆》のひとりとしても有名。

大統領に「恩」はたっぷり売っていると思われる。

世の中ただのものはない。

 

トランプ大統領、5月末に初外遊として

サウジアラビア訪問を控えているようだが

お友だちたちにとっては

ビジネスチャンスなんだろうな、きっと。