hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

鉄板焼き「ベニハナ」と「アゼライ」の関係 〜 ゼッカから「アゼライ」を買った男(2)

chifumimurase.hateblo.jp

   ↑ (1)の続きです。

 

【鉄板焼き「ベニハナ」を買収】

というニュースの見出しでわたしの目をひいたのは

「BENIHANA」のなつかしい文字。

かつてアメリカ旅行のときにはよくお世話になったレストランだ。

f:id:chifumimurase:20180503201107j:plain

1964年にマンハッタンのウエスト56丁目に一号店を開店。シェフが踊りながら肉や海老を焼いたり切ったりのパフォーマンスが人気を呼んだ。

f:id:chifumimurase:20180503200427j:plain

ヒルトンホテルの会長、バロン・ヒルトンも目をつけ、ヒルトンに出店依頼をした。

このレストランチェーンを25才の若さで創業したのが、

f:id:chifumimurase:20180503200448j:plain

ロッキー青木さん(2008年死去)。

日本生まれの日本人だが、慶應大学でレスリングをやっていたときに米国遠征した際、帰国せずアメリカに残り、ニューヨーク市立大でレストラン経営を学んだという変わり種。

ちなみに、レスリングでは全米選手権で3年連続して優勝し、米国選手として東京オリンピック代表にも選ばれたほどの実力(米国市民権がなかったため出場できず)。

レストランチェーン「BENIHANA 」の大成功で、アメリカンドリームを実現し、億万長者となったロッキー青木さんだが、冒険野郎としても知られ、1982年には気球で太平洋横断をしたりした。

 

・・・と「ベニハナ」の話が長くなったが

この「ベニハナ」を買収した会社というのが

マイナー・インターナショナル (MINT)

ゼッカの「アゼライ」を買った男

タイのホテル王と言われているウィリアム・ハイネッケ氏の会社である。

 

ハイネッケ氏については(3)に続きます。