読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hotel gadget

ホテルジャンキー村瀬千文とホテルにまつわるヒト・モノ・コト

アマンの新オーナー、ドローニンの次なる野望

f:id:chifumimurase:20160613154403p:plain

 

アマンリゾーツをゼッカから奪った男(ゼッカ側から言えばですけど)としてホテル界に名を知らしめたロシア人”富豪”のドローニン。

今や、ウォールストリート・ジャーナル紙でアメリカンドリームを成し遂げた人物の写真として典型的な構図(下界を眼下にのぞむ高層階のオフィスで窓を背にして座る、の図)の写真にしっかりとおさまっている。場所は、マンハッタンのタイムワーナービルの71階にある彼の自宅。

53才の男盛り、ワイシャツの下の鍛え上げられたご自慢の肉体がうかがえるが、うーん、ちょっと太ったかな…という感じもしないでもない。当初はスーパーモデルのナオミ・キャンベルの恋人としてメディアでも「脇役」扱いだったが、今や「主役」を張れる男になった。

今春、ドローニンはイタリアのファッションブランド、ミッソーニと組んで、マイアミで3軒の超高級コンドミニアムを開発すべく、アメリカで新しく不動産開発会社 OKO Group を立ち上げた。アマンのオーナーというものの、もともとは不動産ディベロッパー。世界各地に投資物件を持っている。

 

さぁて、野心満々の男、ドローニンの次なる野望はなんだろうか。

 

<関連記事>

 

ホテル王をねらう男達の「借景」効果

アマンリゾーツ争奪戦、ゼッカが完敗!その負けたお相手は…

 

 

*上の写真はVladislav Doroninウラジミール・ドローニン氏のホームページからお借りしました。